【接尾辞】 -ent, -ant の意味

1. 形容詞をつくる

  • af-「〜の方へ」flu「流れ」-ent《形容詞をつくる》
    富が流れこんでくる
    【形】裕福な

  • cur「走る」-ent《形容詞をつくる》-cy《名詞をつくる》
    いま流通しているもの
    【名】通貨

  • cur「走る」-ent《形容詞をつくる》
    まさに今おきている
    【形】現在の, 進行中の

  • de-「下へ」pend「ぶら下げる」-ent《形容詞をつくる》
    他の物事にぶら下がっている
    【形】依存する

  • dis-「逆の, 不~, 非~」ob-「~の方へ」edi「聞く」-ent《形容詞をつくる》
    人の言うことに耳を傾けない
    【形】反抗的な

  • ef-「外側へ」fic「つくる」-ent《形容詞をつくる》
    つくり出していく力がある
    【形】有能な, 効率的な

  • ef-「外側へ」fic「つくる」-ent《形容詞をつくる》-ly《副詞をつくる》
    どんどんつくり出している
    【副】能率的に, 効率的に

  • e-「外側へ」loqu「話す」-ent《形容詞をつくる》
    外へ向けて力強く話している
    【形】雄弁な, もの語っている

  • ex-「外側へ」cel「上がる」-ent《形容詞をつくる》
    他よりも上である, まさっている
    【形】優れた

  • flu「流れ」-ent《形容詞をつくる》-cy《名詞をつくる》
    言葉がなめらかにでてくること
    【名】流ちょうさ

  • flu「流れ」-ent《形容詞をつくる》
    言葉がなめらかにでてくる
    【形】流ちょうな

  • im-「〜でない」pot「〜できる」-ent《形容詞をつくる》
    能力がない
    【形】無力な、不能の

  • in-「〜でない」de-「下へ」pend「ぶら下げる」-ent《形容詞をつくる》
    他の物事にぶら下がっていない
    【形】独立した, 自主的な

  • in-「〜でない」suf-「下に, 下位の」fic「つくる」-ent《形容詞をつくる》
    つくったものを下に置いて積んでいけるほど余裕がない
    【形】不十分な

  • inter-「~間の」de-「下へ」pend「ぶら下げる」-ent《形容詞をつくる》
    お互いにぶら下がっている
    【形】相互依存の

  • ob-「~の方へ」edi「聞く」-ent《形容詞をつくる》
    人の言うことに耳を傾ける
    【形】従順な

  • over-「過度に」suf-「下に, 下位の」fic「つくる」-ent《形容詞をつくる》
    つくったものを下に積みすぎてあり余っている
    【形】過剰な

  • pot「〜できる」-ent《形容詞をつくる》
    能力がある
    【形】強力な、よく効く

  • pot「〜できる」-ent《形容詞をつくる》-al《名詞・形容詞をつくる》
    能力がある
    【名】潜在力, 【形】可能性のある

  • sign「しるし」-ify《動詞をつくる》-ant《形容詞をつくる》
    印をつけるほど重要な
    【形】重要な, 著しい

  • sub-「下に, 下位の」serv「仕える」-ent《形容詞をつくる》
    下に仕える
    【形】従属する、卑屈な

  • sub-「下に, 下位の」serv「仕える」-ent《形容詞をつくる》-ly《副詞をつくる》
    下に仕える
    【副】従属的な、卑屈に

  • suf-「下に, 下位の」fic「つくる」-ent《形容詞をつくる》
    つくったものを下に置いて積んでいけるほど余裕がある
    【形】十分な

  • vac「からっぽ」-ant《形容詞をつくる》-y《名詞をつくる》
    何もないこと
    【名】空き, 空き部屋, 空き地

  • vac「からっぽ」-ant《形容詞をつくる》
    【形】からっぽの, 空いている
英文法をこわす―感覚による再構築
「イメージ」という英文法の本質をついています。用法という機械的な英文法がこわれ、感覚という人間らしいものに生まれ変わるはずです。用法の丸暗記に苦しんだ全ての方に読んでいただきたい一冊です。
© 2017 Takumi Tsunokake お知らせ 反響 参考文献 寄付