【接頭辞】 pre- の意味

ラテン語 prae (= before in time or place) より。「時間として前」や「位置として前」を表す。

1. 前もって

  • pre-「前もって」cept「つかむ・取る」
    やる前に知っておくとよいこと
    【名】教訓, 処世術

  • pre-「前もって」cis「切る」
    前もって細かくつめられた
    【形】正確な

  • pre-「前もって」cis「切る」-ion「~すること」
    前もって細かくつめること、細かくつめられた度合い
    【名】精密さ、精度

  • pre-「前もって」clude「閉じる」
    前もって何も入らないようにしておく
    【動】(他人の行動を) 前もって封じる, 妨げる

  • pre-「前もって」clude「閉じる」-ion「集まり」
    前もって何も入らないようにしておくこと
    【名】阻止、防止、除外

  • pre-「前もって」cogni「知る」-tion「~すること」
    【名】予知

  • pre-「前もって」dict「話す」
    起こる前に話す
    【動】予測する

  • pre-「前もって」dict「話す」-ion「~すること」
    起こる前に話すこと
    【名】予測、予言

  • pre-「前もって」dict「話す」-ive「~という性質のある」
    起こる前に話す+性質 → 予測できる性質
    【形】予兆となる、予言の

  • pre-「前もって」ex-「外側へ」sist「立つ」
    以前から + 存在する (←世 (外) にいる)
    【動】先在する

  • pre-「前もって」paid「支払い済みの, 有給の」
    前もって支払い済みの
    【形】前払いの

  • pre-「前もって」scribe「書く」
    (規則, 薬の用法) を前もって書いておく
    【動】(規則を) 定める, (医者が薬を) 処方する

  • pre-「前もって」scribe「書く」-ed《形容詞をつくる》
    (規則, 薬の用法) を前もって書かれた
    【形】規定の、所定の

  • pre-「前もって」serv「守る」-able「~できる」
    【形】保存できる

  • pre-「前もって」serv「守る」-ate「〜する」-tion「~すること」
    守ること
    【名】保護、保存

  • pre-「前もって」serv「守る」
    【動】保つ、保護する、維持する

  • pre-「前もって」view「見る」
    何かを前もって見る
    【名】下見, 試写会, プレビュー

2. 前に

  • pre-「前に」cede「進む」
    先がけてやる
    【動】先行する, 優先する

  • pre-「前に」fer「運ぶ」
    (選ぶ順番, 地位などを) 前にする
    【動】~の方を好む, 昇進させる

  • pre-「前に」fer「運ぶ」-ence《抽象名詞をつくる》
    選ぶ順序を前にすること
    【名】好み

  • pre-「前に」fix「固定する」
    前に固定されているもの
    【名】接頭辞

  • pre-「前に」gn「生む」-ant「人, もの」-cy《名詞をつくる》
    生む前の状態
    【名】妊娠

  • pre-「前に」gn「生む」-ant「人, もの」
    生む前の状態である
    【形】妊娠した

  • pre-「前に」miss「送る」
    なにかを前に置く, 前に置かれたもの
    【動】〜を前提とする, 【名】前提
語源耳
ふんだんな絵・写真でイメージしやすく、音声CDで耳から学べ、ストーリー仕立てなので語源が頭に入りやすい構成です。赤・緑の全2巻で楽しく学びましょう!
© 2017 Takumi Tsunokake お知らせ 反響 参考文献 寄付