おわりに

語源をたどることは、言葉を考えた人々の知覚・思考・環境をたどることになります。

それらをたどりながら解釈していると、本当にそれでよいのだろうかという感覚にさいなまれるときがあります。どの軸で、どれほどまでたどればよいのかがわからなくなるときがあります。

それでも表現をしたいと考えているときは、たのしさと苦しさを感じます。これからも自分なりに納得のいく表現にできるように、学び続けていきたいと思います。

語源ですべての英単語を説明することはできません。語源が不詳の英単語があったり、語源の意味からかけ離れた意味をもつ英単語があったりします。

ただ、言葉が生まれるのなら、そこには源があるはずです。文献を読んだり、実際の生活をとおすことで、その源にはある程度の傾向があるのだと思えます。

これからもできるだけ多くの文献を読み、そうだと思ったらそうして、そうだと思わなかったらそうしないで、それらを繰り返して、学びを調整しながら積み重ねていきたいと考えています。

お読みいただきありがとうございました。