A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

おもしろ語源

今まで調べてきて特に面白いと感じた語源をご紹介します。

company の pan は食べられる「パン」

com-「共に」pan「パン」-y「こと」
一緒にパンを食べる間柄
【名】仲間、友達、会社、連れ、船員

pan はまさかの食べられる「パン」なのです。com が「共に」を意味するので company で「一緒にパンを食べる仲」となり、そこから「仲間」や「友達」といった意味が生まれました。日本語でも似た発想の言葉に「同じ釜の飯を食う」があります。ご飯を一緒にする仲は「仲間」です。company は「会社」も意味します。「会社」は事業を一緒に成し遂げる「仲間」が集まる場です。語源を知っておくと一見違った意味も共通する発想から生まれるのだとわかります。ちなみに company と companion「コンパニオン」はつづりが似ています。これらも同じ語源です。


com-「共に」pan「パン」-ion「こと、もの」
一緒にパンを食べる仲
【名】仲間、連れ

海とマリネ

「海」を意味する英単語は marine です。marine はローマ字読みをすると ma、ri、ne で「マリネ」です。料理の「マリネ」を思い出します。海とマリネ、どちらも実は同じ語源です。「海」に沈めるように食材をひたす料理法が「マリネ」です。


marinus「海の」
【形】海の、海洋の、海生の

「マリネにする」を意味する marinate なんて英単語もあります。


marine「海の」-ate「する」
海に沈めるように
【動】漬け込む、マリネにする

アルバムとアホウドリ

アルバムとアホウドリは、どちらも「白」が共通しています。


alb「白」
白い本
【名】アルバム

alb「白」
白い鳥
【名】アホウドリ

アルバムは「白い」本に写真を貼っていきます。アホウドリは「白い」鳥です。

albumen は見慣れない英単語ですが、「卵白」を意味します。これにも alb が含まれています。ちなみに「卵白」をもっとかんたんに表現したいときには egg white と言えます。

インフルエンザとインフルエンサー

特に冬場に気をつけなければいけない伝染病にインフルエンザがあります。そして、ニュースで時々耳にする、「影響力のある人」を示す言葉にインフルエンサーがあります。インフルエンザとインフルエンサーは音が似ています。実は同じ語源なのです。


in-「中へ」flu「流れ」
星から出る物質が流れ込んで悪い影響を及ぼすと考えられた
【名】インフルエンザ

in-「中へ」flu「流れ」-ence「もの、こと」-er「人、もの」
影響する (=星から出る物質が流れ込み運気を変える) 人
【名】影響を与える人

malaria は「悪い空気」

インフルエンザのほかの伝染病にはマラリアがあります。マラリアのつづりは malaria です。malaria の語源は mal「悪い」aria「空気」です。malaria という言葉ができた当時は、悪い空気から感染する病気だと考えられたようです。現在では研究が進み、ハマダラ蚊に刺されることで感染するとわかっています。


mal-「悪い」aria「空気」
悪い空気によって広がると考えられた病気
【名】マラリア

パソコンの中で悪さをするソフトウェアのことをマルウェアと呼びます。マルウェアを英語にすると malware となります。malware にも「悪い」を意味する mal- が含まれています。


mal-「悪い」ware「知覚する」
悪いと知覚するもの
【名】マルウェア

book は「書き残す」

book は「本」を意味する英単語です。book はさらに「予約する」も意味します。なぜ「本」と「予約する」といったまったく違う意味があるのだろうと疑問に思ったことはありませんか。その疑問は語源を調べてみるとスッキリします。

book の語源は「書き残す」なのです。「本」は「書き残されたもの」で、「予約する」行為は名前を名簿に「書き残す」ことです。どちらも「書き残す」ことが共通しています。そう考えるとなぜ book に「記帳する」意味があるのかも想像できます。


boc「書き残す」
書かれたもの、書くこと
【名】本、帳簿、【動】予約する、記帳する

book の語源には「ブナの木」の意味もあります。ブナの木といえば世界遺産である白神山地を思い出します。ブナの木は頑丈で、現在では家具の材料としても使われています。古代の人々が文字を書き残す際にもブナの木が使われたとされます。きっとブナの木は身近な存在だったのだろうと思えます。

Tom is in Mary's good books. この英文の意味を考えてみましょう。英語をそのまま訳すと「メアリーのよい本の中にトムが入っている」となります。もう少し自然な日本語にしたいところです。book の語源は「書き残す」でした。それをふまえると「メアリーのよい本としてトムが書き残されている」と読み解けます。もっと自然な表現にするなら「トムはメアリーのお気に入りだ」となります。本も心も残るもの。そんな想起をさせる詩的な表現だと感じます。

旅は怖い

「旅費」を意味する英単語には fare があり、「恐怖」を意味する英単語には fear があります。fare と fear のつづりは似ています。意味は似ていないように思えますが、語源は同じです。

fare と fear は「旅」という同じ語源なのです。昔の旅は、自分の周りを照らす明かりすらままならないので、今よりも怖かったに違いありません。


fare「旅」
旅にかかる費用
【名】運賃

fare「旅」
昔は旅に危険はつきもので恐ろしいものだった
【動】恐れる、【名】恐怖

ちなみに「送別会」は farewell party と表し、farewell も同じ「旅」が語源です。farewell の語源は次のようになっています。


fare「旅」well「よい」
これからもよい旅を
【名】送別会、別れ

gala は「ミルク」

「銀河系」を意味する英単語 galaxy には、語源 gala が含まれています。gala は「ミルク」を意味します。きらめく銀河系の星々を、流し込まれるミルクに見立てたようです。

練乳などに含まれる化学物質にガラクトースがあります。ガラクトースを英語にすると galactose となります。galactose には gala が含まれています。ガラクトースは「ミルク」に含まれる成分です。

host と hostile

英単語の host は「主人」を意味します。「主人」は「客」をもてなします。英単語の hostile は「敵意をもつ人」を意味します。「敵意」は「敵」に対する意志です。host と hostile はそれぞれ「客」と「敵」を表す正反対です。しかし、host と hostile の語源は一緒だと考えられています。

host と hostile の語源をさかのぼると「見知らぬ人」を意味します。外から訪ねてきた見知らぬ人は「客」か「敵」かはわかりません。このことから正反対の意味の言葉が派生したのだと解釈できます。


host「見知らぬ人」
見知らぬ人をもてなす
【名】客、【動】主催する

host「見知らぬ人」
見知らぬ人を警戒する
【形】敵意のある

メソポタミア文明とカバ

メソポタミア文明とカバには「川」が共通しています。


meso-「中間」potamo「川」
2 つの川の間に栄えた文明
【名】メソポタミア文明

hippos「馬」potamos「川」
【名】河馬 (カバ)

メソポタミア文明は語源のとおり、チグリス川とユーフラテス川の「2 つの川の間に栄えた文明」なので、語源を覚えておくと地理も覚えていられます。

bed は「土を掘った眠る場所」

「ベッド」を意味する英単語 bed の語源は「土を掘った眠る場所」です。「土」が起因しているのか、bed の派生語には地学の言葉が見受けられます。


bed「眠る場所」-ing「こと、もの」
眠る場所
【名】寝具、寝床、〈地学〉成層

bedding は地学の「成層」も意味します。「成層」は「積み重なって層になること」です。土がどんどん積み重なって「寝かせられる」さまから連想したのでしょう。

happy と happen

happy と happen には同じ語源 happ が登場します。


happ「機会」-y「こと」
機会に恵まれる
【形】幸運な

happ「機会」-en「する」
まれな機会に遭遇する
【動】偶然起こる

happen に -ing が加わるとハプニングです。


happ「機会」-en「する」-ing「こと、もの」
まれな機会に遭遇すること
【名】出来事、ハプニング

ファクシミリとシミュレーション

fact「つくる」simil「似ている」
似たものをつくる
【名】ファクシミリ

ファクシミリは、画像を遠隔へ送信できる機器です。ファックス (fax) と省略されることが多いかと思います。「模擬実験」を意味する英単語 simulation にも共通する語源が含まれています。


simul「似ている」-ation「すること」
似た状況をつくること
【名】模擬実験、シミュレーション

bank は「棚」

「銀行」を意味する bank の語源は「棚」です。「銀行」は「棚」にお金を「積み重ね」る場所です。bank は「土手」を意味したり、bank of clouds で「積乱雲」を意味します。「土手」は土の「積み重ね」です。積乱雲は雲の「積み重ね」です。

おつぎは?

いかがでしたか。「語源って面白いかも」と感じていただけたら嬉しいです。

さて。実は語源には「かたより」があります。よく出る語源があればそうでないものもあります。『よく出る語源』では出てきやすい順番に語源を並べました。手っ取り早く身につけたいかたにおすすめです。

The Oxford English Dictionary, Second Edition (20 Volume)
20 冊組で、合わせて 2 万ページを超える辞書です。並べると砦のようです。見出し語は 29 万語で、25 万の語源が解説されています。大判の紙に文字が細かく書かれているので、目を凝らしながら読んでいます。