接頭辞 com-, co-, con- の意味

ラテン語 cum より。cum は together「共に」を意味し、時に「強意」を意味します。「共に」は「調和している」、「まとまっている」、「接続する」、「協力している」、「同時に物事が起きる」ことを連想させます。「共に」一致団結してやるからこそ強くなれる、だから「強意」とイメージを広げてもいいかもしれません。

1. 共に

  • ac-「その方向へ」com-「共に」pan「パン」-y「こと」
    仲間 (=一緒にパンを食べる間柄) についていく
    【動】ついていく

  • co-「共に」ex-「外側へ」sist「立つ」
    共に存在する (=生まれ出てしっかりと立つ)
    【動】共存する

  • co-「共に」nat「生まれる」
    お互いの生まれが同じ
    【形】同族の、同じ語源の

  • co-「共に」her「粘着する」
    くっついて離れない、物事をやり続ける
    【動】密着する、首尾一貫する

  • co-「共に」her「粘着する」-ence「もの、こと」
    くっついて離れないこと、物事をやり続けること
    【名】一貫性

  • co-「共に」her「粘着する」-ent「性質」
    くっついて離れない、物事をやり続ける
    【形】密着した、首尾一貫した

  • co-「共に」lab「働く」-ate「する」
    【動】協力する

  • co-「共に」lab「働く」-ate「する」-ion「こと」
    【名】協力

  • co-「共に」lab「働く」-ate「する」-or「人、もの」
    【名】協力者

  • com-「共に」bat「たたく」
    たたきあい
    【名】戦闘

  • com-「共に」pan「パン」-ion「こと」
    一緒にパンを食べる間柄
    【名】仲間、連れ

  • com-「共に」pan「パン」-y「こと」
    仲間 (=一緒にパンを食べる間柄) が集まる場
    【名】会社

  • com-「共に」ply「折る」-ate「する」-ed「性質」
    折り重なって入り組んでいる
    【形】複雑な

  • com-「共に」ply「折る」-ate「する」-ion「こと」
    折り重なって入り組んでいること
    【名】複雑なこと、合併症

  • com-「共に」pone「置く」-ent「人、もの」
    バラバラになっているものが集められたもの → つくられた物を成すもの
    【名】構成要素

  • com-「共に」pose「置く」
    バラバラになっているものを集める
    【動】つくる

  • com-「共に」pos「置く」-er「人、もの」
    バラバラになっているものを集める人 → つくるひと
    【名】作曲家

  • com-「共に」press「押す」
    まわりからギュッと押す
    【動】圧縮する

  • com-「共に」press「押す」-ion「こと」
    まわりからギュッと押すこと
    【名】圧縮

  • com-「共に」pro-「前もって」mise「送る」
    お互いに約束して (=前もってメッセージを送り伝えておく) よしとする
    【動】妥協する、和解する、【名】妥協、和解

  • con-「共に」clude「閉じる」
    話しあい (=共に話す) を閉じる
    【動】結論をくだす、(話しあい等を) 終える

  • con-「共に」clude「閉じる」-ion「こと」
    話しあい (=共に話す) を閉じること
    【名】結論、締結

  • con-「共に」duct「導く」-or「人、もの」
    電気を導くもの、演奏を導く人
    【名】〈物理〉導体、〈音楽〉指揮者

  • con-「共に」fer「運ぶ」
    物事を一緒に運ぶ
    【動】話しあう

  • con-「共に」fer「運ぶ」-ence「もの、こと」
    物事を一緒に運ぶ場
    【名】会議

  • con-「共に」flict「ぶつける」
    ぶつかり合う
    【名】対立、衝突

  • con-「共に」flict「ぶつける」-al「性質」
    ぶつかり合う
    【形】葛藤のある

  • con-「共に」grate「喜び、慈悲深さ」-ate「する」
    喜び合う
    【動】祝う

  • con-「共に」grate「喜び、慈悲深さ」-ate「する」-ion「こと」
    喜び合うこと
    【名】祝うこと。Congratulation! で「おめでとう!」を意味する。

  • con-「共に」gregate「集まり、群れ」
    ともに集まる
    【動】集まる

  • con-「共に」join「繋げる」
    繋げ合う
    【名】結合する

  • con-「共に」nect「結びつける」
    結び合わせる
    【動】接続する

  • con-「共に」nect「結びつける」-ed「性質」
    結び合わさっている
    【形】接続した

  • con-「共に」nect「結びつける」-ion「こと」
    結び合わせること
    【名】接続

  • con-「共に」tain「保つ、含む」
    A に B をとどめておく
    【動】含む、収容する

  • con-「共に」tain「保つ、含む」-er「人、もの」
    何かをとどめようとするもの
    【名】入れもの

  • con-「共に」tinent「保つ、含む」
    土地が互いに集まって塊として保たれているもの
    【名】大陸

  • con-「共に」tinent「保つ、含む」-al「性質」
    大陸 (=土地が互いに集まって塊として保たれているもの) + 性質 → 大陸にみられる性質
    【形】大陸の、大陸性の

  • con-「共に」tinue「保つ、含む」
    共につながり続いていく
    【動】続ける

  • con-「共に」tinue「保つ、含む」-ous「性質」
    共につながり続いていく
    【動】連続した

  • con-「共に」tract「引っぱる」
    お互いに引き寄せ合って合意する
    【動】契約する

  • con-「共に」vene「来る」
    【動】(会議などを) 招集する、開催する

  • con-「共に」vene「来る」-tion「こと」
    共に集まること、共に集まり決めることがら
    【名】会議、条約

  • con-「共に」verse「向きを変える」-tion「こと」
    お互いに向き合う
    【名】会話

  • con-「共に」verse「向きを変える」
    お互いに向き合う、一緒に違う方向を見る
    【動】談話する、【形】逆の

  • con-「共に」verse「形、性質を変える」-ion「こと」
    まったく別のものにすがた形を変えること
    【名】変換

  • co-「共に」ope「はたらく」-ate「する」-ion「こと」
    共にはたらくこと
    【名】協力、協調

  • co-「共に」ope「はたらく」-ate「する」-ive「性質」
    共にはたらく
    【形】共同で、協調して

  • co-「共に」ordi「整理」-ate「する」
    整理する、整理されたもの
    【動】調整する、調和させる、【名】座標

  • co-「共に」ordi「整理」-ate「する」-ion「こと」
    整理された組織や空間
    【名】調整、協調

  • co-「共に」ordi「整理」-ate「する」-ive「性質」
    整理されている
    【形】調整された、協調する

  • co-「共に」ordi「整理」-ate「する」-or「人、もの」
    整理する人
    【名】コーディネーター、調整する人

  • co-「共に」ope「はたらく」-able「できる」
    同じはたらきをするものをつくれる
    【形】複製できる

  • co-「共に」ope「はたらく」-ous「性質」
    同じはたらきをするものを大量につくる
    【形】大量の、豊富な

  • co-「共に」ope「はたらく」-ous「性質」-ly《副詞をつくる》
    同じはたらきをするものを大量につくる
    【副】大量に、豊富に

  • co-「共に」ope「はたらく」
    同じはたらきをするものをつくる
    【動】複製する

  • dis-「離れて」con-「共に」nect「結びつける」
    接続を切り離す
    【動】水道、電気、電話回線などを差し止める

  • dis-「離れて」con-「共に」nect「結びつける」-ed「性質」
    接続が切り離された
    【形】切断した

  • dis-「離れて」con-「共に」nect「結びつける」-ion「こと」
    接続を切り離すこと
    【名】切断、断線

  • inter-「間の」con-「共に」nect「結びつける」
    相互に接続する
    【動】相互に接続する、相互に連絡する

  • inter-「間の」con-「共に」nect「結びつける」-ed「性質」
    相互に接続した
    【形】相互接続した

  • inter-「間の」con-「共に」nect「結びつける」-ion「こと」
    相互に接続すること
    【名】相互接続

  • inter-「間の」con-「共に」tinent「保つ、含む」-al「性質」
    大陸 (=土地が互いに集まって塊として保たれているもの) + 間の
    【形】大陸間の、大陸横断の

  • inter-「間の」con-「共に」tinent「保つ、含む」-al「性質」-ly《副詞をつくる》
    大陸 (=土地が互いに集まって塊として保たれているもの) + 間に
    【副】大陸間に

  • non-「否定」con-「共に」duct「導く」-or「人、もの」
    電気を導かないもの
    【名】〈物理〉絶縁体、不導体

  • semi-「半分の」con-「共に」duct「導く」-or「人、もの」
    導体 (=電気を導く) の性質が半分あるもの
    【名】〈物理〉半導体

  • sub-「下に、下位の」con-「共に」tinent「保つ、含む」
    下位の + 大陸 (=土地が互いに集まって塊として保たれているもの) → 大陸ではないが比較的大きな島
    【名】亜大陸 (グリーンランドなど)

  • sub-「下に、下位の」con-「共に」tract「引っぱる」
    下位の + 契約 (=お互いに引き寄せ合って合意する) → ツリー構造として下に位置する契約
    【名】下請け契約

  • tele-「遠く」con-「共に」fer「運ぶ」-ence「もの、こと」
    遠くで行われる会議 (=物事を一緒に運ぶこと)
    【名】テレビ電話などによる遠隔会議

  • trans-「向こう側へ」con-「共に」tinent「保つ、含む」-al「性質」
    大陸 (=土地が互いに集まって塊として保たれているもの) + 向こう側へ
    【形】大陸の向こう側へ、大陸横断の

  • un-「否定」com-「共に」ply「折る」-ate「する」-ed「性質」
    折り重なって入り組んでいない
    【形】複雑でない

2. 強意

  • com-《強意》fort「強い、かたい」
    心を強くさせる
    【動】(元気になるように) 慰める

  • com-《強意》fort「強い、かたい」-able「できる」
    心が元気でいられる
    【形】心地よい、快適な

  • com-《強意》ple「満たす」
    完全に満たす
    【動】完了する

  • com-《強意》ple「満たす」-ed「性質」
    完全に満たされた
    【形】完了した

  • con-《強意》ceal「隠す」
    【動】隠す、秘密にする

  • con-《強意》ceal「隠す」-er「人、もの」
    隠すもの
    【名】コンシーラー

  • con-《強意》cede「進む」
    相手に進ませる → 相手に道をゆずる
    【動】譲歩する

  • con-《強意》ceive「つかみ取る」-able「できる」
    表現したいことをつかみ取れる
    【形】考えられうる

  • con-《強意》ceive「つかみ取る」
    表現したいことをつかみ取る、子をつかむ
    【動】思いつく、子を身ごもる

  • con-《強意》cept「つかみ取る」
    しっかりとつかまれたもの → しっかりと把握されたもの
    【名】コンセプト、考え、概念

  • con-《強意》cept「つかみ取る」-ion「こと」
    しっかりと把握されたもの、子をつかむ
    【名】概念、受胎

  • con-《強意》cept「つかみ取る」-ion「こと」-al「性質」
    概念 (=しっかりと把握されたもの) の性質
    【形】構想上の

  • con-《強意》cis「切る」
    余分なものを切り落とした
    【形】簡潔な

  • con-《強意》cis「切る」-ion「こと」
    余分なものを切り落とすこと
    【名】簡潔さ

  • con-《強意》firm「強い、かたい」
    あいまいな物事をかためてはっきりさせる
    【動】確認する

  • con-《強意》sci「知る」-ence「もの、こと」
    モラル (共に生きるうえで大事なこと) や自分自身をよく知っていること。それによって判断できること
    【名】良心、自制心

  • con-《強意》sci「知る」-ous「性質」
    知っている、気づいている
    【形】意識のある、自覚している

  • con-《強意》sci「知る」-ous「性質」-ly《副詞をつくる》
    知っていて、気づいていて
    【副】意識して、自覚して

  • con-《強意》sci「知る」-ous「性質」-ness「こと」
    知っている状態、気づいている状態
    【名】意識

  • con-《強意》serv「守る」-able「できる」
    【形】保存できる

  • con-《強意》serv「守る」-cy「こと」
    【名】保護、保護団体

  • con-《強意》serv「守る」-tion「こと」
    【名】保護

  • con-《強意》serv「守る」-ive「性質」
    守りがちな
    【形】保守的な

  • con-《強意》serv「守る」
    【動】保護する、節約する

  • con-《強意》sist「立つ」
    しっかりと立って成り立つ
    【動】〜から成る

  • con-《強意》sist「立つ」-ent「性質」
    しっかりと立ってぶれない様子の
    【形】一貫している

  • con-《強意》st「立つ」-ant「人、もの」
    しっかりと立っているもの → 安定しているもの、変わらないもの
    【名】普遍、〈数学・コンピュータ〉定数、【形】不変な、絶え間のない

  • con-《強意》st「立つ」
    しっかりと立つ → 成り立つ
    【動】構成する

  • con-《強意》st「立つ」-tion「こと」
    しっかりと立つもの → 成り立つもの
    【名】構成、憲法、設立

  • con-《強意》st「立つ」-tion「こと」-al「性質」
    しっかりと立つような → 成り立つような
    【形】憲法の

  • con-《強意》st「立つ」-tion「こと」-al「性質」-ly《副詞をつくる》
    しっかりと立つ → 成り立つ
    【副】憲法上

  • con-《強意》tend「伸ばす」
    何がなんでも手を伸ばしてつかみ取る
    【動】争う、強く主張する

  • con-《強意》vert「形、性質を変える」
    まったく別のものにすがた形を変える
    【動】(形、性質を) 変える、変換する

  • con-《強意》vince「征服する」
    言い伏せる
    【動】説得する、納得させる

  • con-《強意》vince「征服する」-ed「性質」
    言い伏せられた
    【形】確信している

  • con-《強意》vince「征服する」-ment「こと」
    言い伏せられていること
    【名】確信

  • con-《強意》vince「征服する」-ible「できる」
    言い伏せられる
    【形】説得できる

  • dis-「逆、否定」com-《強意》fort「強い、かたい」
    心の元気をなくさせる
    【形】不愉快にさせる

  • in-「否定」con-《強意》vince「征服する」-ible「できる」
    言い伏せられない
    【形】説得できない

  • re-「再び」con-《強意》firm「強い、かたい」
    再び確認する (=あいまいな物事をかためてはっきりさせる)
    【動】再確認する

  • semi-「半分の」con-《強意》sci「知る」-ous「性質」
    半分の + 意識 (=気づいて知っている状態)
    【形】意識が朦朧 (もうろう) とした

  • sub-「下に、下位の」con-《強意》sci「知る」-ous「性質」
    下の + 意識 (=知っている状態、気づいている状態) → 意識していない
    【形】潜在意識の、ぼんやり意識している

  • un-「否定」con-《強意》sci「知る」-ous「性質」
    知らない、気づいていない
    【形】意識のない、自覚していない

  • un-「否定」con-《強意》sci「知る」-ous「性質」-ly《副詞をつくる》
    知らずに、気づかずに
    【副】意識せず、自覚せず

  • un-「否定」con-《強意》sci「知る」-ous「性質」-ness「こと」
    知らない状態、気づいていない状態
    【名】無意識
英文法をこわす―感覚による再構築
「イメージ」という英文法の本質をついています。用法という機械的な英文法がこわれ、感覚という人間らしいものに生まれ変わるはずです。用法の丸暗記に苦しんだ全ての方に読んでいただきたい一冊です。
© 2017 Takumi Tsunokake お知らせ 反響 参考文献 寄付