お知らせ

新しい順に並べています。お知らせはユーザーグループで行っています。

2020/07/11

50 語の単語を追加して合計 2,450 語になりました。

adorn, adornment, albumen, ambush, bush, bushfire, contender, design, designer, divisive, fire, firebase, fireworks, firing, habitability, habitable, habitat, habitation, habitual, honor, honored, honorific, impeach, impeachable, impeachment, itinerary, lexical, lexicographer, lexicography, lexicology, lexicon, memento, novel, novelty, ontologism, ontology, ordinate, ornament, ornamental, ornamentalism, ornamentalist, palaeography, Paleolithic, paleontology, programming, renew, renewal, renewed, renovate, renovation

「弾劾」を意味する impeachment の語源は「足かせ」です。ordo は「整理」を意味し、「整理」は「飾り付け」「順序」「秩序」を連想させます。palaios- は「古代」を意味します。onto- は「存在」を意味します。memento は「心に残るもの」です。


語源のページ上部の説明欄を調整しました。

2020/04/14

岐阜大学の Reading の教科書に Gogengo! を掲載いただきました。

2020/03/21

2020 年度『ラジオ英会話』の語源コラムを担当しています。

2020/01/08

『たのしい英単語のものがたり』のタイトルを『ねこさんと語源のものがたり』に変更しました。company の話を調整しました。

2019/11/16

100 語の単語を追加して合計 2,400 語になりました。

カマキリ (mantis) の語源は「考える」ことにあります。pantry は「食料庫」、ヨーロッパを代表する食べものは pan「パン」です。ジャーナリストは「日々を伝える人」です。host の「客」と「敵」は「見知らぬ人」の二面性から来ています。

2019/4/22

100 語の単語を追加して合計 2,300 語になりました。

way と via は同じ語源です。メソポタミア文明とカバには「川」が関係していました。語源 civis「町民」は、city「都市」や civility「礼儀」へと派生します。mental と comment は同根と知った時は「おお」と声が出ました。

2019/2/12

『似ている語源』を追加しました。似ている言葉を比べて学べます。


100 語の単語を追加して合計 2,200 語になりました。

suger とサッカリンは同じ語源です。saccharine terms は面白い概念です。ラテン語 movere から派生する英単語は表情が豊かです。オーソドックスとパラドックスには共通点があります。consider「考慮する」の語源は「星」です。

2019/1/21

100 語の単語を追加して合計 2,100 語になりました。

bed の語源は「土を掘った眠る場所」です。「土」が起因しているのか、bed の派生語には地学の言葉が見受けられます。data と information の違いを考えてみると、data とは「与えられたもの」であり、information とは「data を心で感じ取り、意味を見出し、自分なりに形どったもの」だと思えます。loose「だらしない」とlose「負ける」は語源が一緒です。one の語源は面白いです。an、a へとつながります。

2018/9/6

今まで調べてきて特に面白いと感じた語源を『面白い語源』にまとめました。

2018/8/20

『よく出る語源一覧』を追加しました。語源には、よく出るものとそうでないものがあります。よく出る語源から学ぶと手っ取り早いです。

100 語の単語を追加して合計 2,000 語になりました。

今回は盛りだくさんです。nuclear「核」と nuts「木の実」の語源が一緒だったこと、forest と foreign の語源が一緒だったこと、happy と happen の語源が一緒だったこと、point と punch の語源が一緒だったこと、「海」と「マリネ」の語源が一緒だったこと、set と sit の語源が一緒だったことに驚きや面白さを感じました。morn は古い言葉である murgana がそのまま変化したから古めかしい意味で、morning は murgana に現代風な -ing が付いた言葉だから現代で使われているように思います。week の「巻き付ける」発想にうなりました。culture はすぐには醸成されません。長い時間をかけて「耕し」「養い」育みます。

2018/7/21

100 語の単語を追加して合計 1,900 語になりました。

mal- は面白いです。「悪」と「リンゴ」の並びは偶然でしょうか。aware と software は同じ語源でした。「知覚する」が鍵です。success に「ひとことメモ」を追加しました。日本語と英語を比べてみても面白いです。arm は「組み合わせ」が根源でした。

約 300 語の語源の説明をすべて書き直しました。読みやすく、わかりやすくなっていればさいわいです。

2018/4/23

100 語の単語を追加して合計 1,800 語になりました。

山 (mountain) と口 (mouth) の語源が同じであることを知って驚きました。さらにモンタージュも同じ語源だとわかると面白さが連鎖していきます。mark の語源が「境界」だとわかると、印も自ずとわかってきます。「境界」を定めるのが「印」です。スパイ (spy) とスパイス (spice) が同じ語源なのが目を見張ります。


語源のお話をさせていただく場となる『語源の広場セミナー』を始めます。

2018/1/11

100 語の単語を追加して合計 1,700 語になりました。

month と moon は同じ「月」を表します。つづりも似ています。もしや語源は一緒なのかと思って調べたら見事そのとおりでした。また、意外にもファクシミリとシミュレーションは同じ語源です。

それ以前

過去のお知らせはこちら