【接尾辞】 -ance, -ence の意味

英単語の末尾に付いて名詞をつくります。抽象的な名詞になることが多いです。

1. 〜する人、もの

  • ab-「離れた」sent「存在する」-ence「〜する人、もの」
    存在していないこと、そこにいないこと
    【名】欠席、留守

  • ab-「離れた」unda「波」-ance「〜する人、もの」
    水があふれるほどあること
    【名】豊富

  • ac-「〜の方へ」cor「心」-ance「〜する人、もの」
    心がひとつの方向に集まること → 心をひとつにすること
    【名】一致, 調和

  • ac-「〜の方へ」cogni「知る」-ance「〜する人、もの」
    知らせること
    【名】知人

  • as-「〜の方へ」sist「立つ」-ance「〜する人、もの」
    相手のそばに立ってサポートすること
    【名】援助、支援

  • at-「〜の方へ」tend「伸ばす」-ance「〜する人、もの」
    なにかに向けて心を伸ばすこと → 場に関心をよせて出向くこと
    【名】参加

  • aud「聞く」-ence「〜する人、もの」
    聞く人
    【名】聴衆

  • circum「周囲」st「立つ」-ance「〜する人、もの」
    周囲に立つもの
    【名】状況、事情、環境

  • cogni「知る」-ance「〜する人、もの」
    【名】認識、認知

  • con-「共に」fer「運ぶ」-ence「〜する人、もの」
    一緒に物事を運んでいくこと
    【名】会議

  • con-《強意》sci「知る」-ence「〜する人、もの」
    モラル (共に生きるうえで大事なこと) や自分自身をよく知っていること。それによって判断できること
    【名】良心, 自制心

  • de-「下へ」pend「ぶら下げる」-ence「〜する人、もの」
    他の物事にぶら下がっていること
    【名】依存

  • dis-「離れて」st「立つ」-ance「〜する人、もの」
    離れたところに立つこと
    【名】距離、間隔

  • e-「外側へ」loqu「話す」-ence「〜する人、もの」
    外へ向けて力強く話すこと
    【名】雄弁

  • ess「存在する」-ence「〜する人、もの」
    存在するそのものの性質
    【名】本質、核心

  • ess「存在する」-ence「〜する人、もの」-al《名詞・形容詞をつくる》
    存在するそのものである、存在するために必要な
    【形】本質的な、必要不可欠な

  • ex-「外側へ」cel「上がる」-ence「〜する人、もの」
    他よりも上であること, まさっていること
    【名】優れていること

  • ex-「外側へ」sist「立つ」-ence「〜する人、もの」
    世 (外) にいること
    【名】存在

  • im-「〜でない」pede「足」-ance「〜する人、もの」
    歩けなくするもの → 身動きをとれなくさせるもの → 妨げるもの
    【名】電気抵抗, 障害物

  • in-「〜でない」de-「下へ」pend「ぶら下げる」-ence「〜する人、もの」
    他の物事にぶら下がっていないこと
    【名】独立, 自立

  • in-「内側へ」flu「流れ」-ence「〜する人、もの」
    (占星術において) 星から出ているエーテル状の液体が人に流れ込んで行動や運命に影響する
    【動】影響する

  • in-「〜の方へ」st「立つ」-ance「〜する人、もの」
    「そばに立つこと」から「そばにいる存在」となり「存在」を連想する
    【名】実例、〈コンピューター〉インスタンス

  • in-「〜の方へ」st「立つ」-ance「〜する人、もの」-ate「〜する」
    instance は「そばに立つこと」から「そばにいる存在」となり「存在」を連想し、ate で動詞になることで「存在させる」、「存在をもとに〜する」と連想する
    【動】実例をあげて説明する、〈コンピュータ〉インスタンス化する

  • mani「手」tain「保つ, 含む」-ance「〜する人、もの」
    手に持ちつづけること
    【名】維持

  • pre-「前に」fer「運ぶ」-ence「〜する人、もの」
    選ぶ順序を前にすること
    【名】好み

  • re-「反対に」sist「立つ」-ance「〜する人、もの」
    相手の反対側に立つこと → 歯向かうこと
    【名】抵抗

  • sci「知る」-ence「〜する人、もの」
    事象を知ること, 知った成果としての体系的な知識
    【名】科学

  • sci「知る」-ence「〜する人、もの」fic「つくる」
    事象を知り、体系的な知識をつくる
    【形】科学的な

  • sci「知る」-ence「〜する人、もの」-ist「〜の専門家」
    事象を知り、体系的な知識をつくる専門家
    【名】科学者

  • sub-「下に, 下位の」st「立つ」-ance「〜する人、もの」
    下 (基盤) に立つしっかりした存在
    【名】物質、実態

  • sub-「下に, 下位の」st「立つ」-ance「〜する人、もの」-al《名詞・形容詞をつくる》
    下 (基盤) に立つしっかりした存在である
    【形】実質的な、根本的な、かなりの

  • sub-「下に, 下位の」st「立つ」-ance「〜する人、もの」-ate「〜する」
    下 (基盤) に立つようにしっかりさせる。主張をきちんとさせる
    【動】立証する

  • tele-「遠く」con-「共に」fer「運ぶ」-ence「〜する人、もの」
    遠くで行われる + 会議 (一緒に物事を運んでいくこと)
    【名】(テレビ電話などによる) 会議
つむぐ英単語—部品で覚える入試重要2300語
入試に必携! 試験に出る重要な 2300単語が語源に分解されまとめられています。受験の強い味方になると思います。
© 2017 Takumi Tsunokake お知らせ 反響 参考文献 寄付