A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

語根 nut の意味

印欧祖語 kneu が由来です。kneu は nut「木の実」を意味します。「木の実」の中には「核」となる固い種があります。

木の実

nut「木の実」
「木の実」には「核」となる種がある
【名】核

nut「木の実」
【名】ナッツ、ナット (ねじ)

non-「否定」nut「核」
核を使わない
【形】非核の
日本語文法の謎を解く―「ある」日本語と「する」英語
「日本語のように英語にも主語はなかった」という驚きの切り口です。英語の歴史を知ると文法への意識が変わります。英語と日本語の文法の構造の違いが図解されています。