A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

語根 spect の意味

ラテン語 specere が由来です。specere は to look「見る」を意味します。ある対象を念入りに見ることは調査 (inspection) です。過去を見直すことは回想 (retrospect) です。

1. 見る

  • a-「その方向へ」spect「見る」
    色々な方向から多面的に物事を見る
    【名】物事の見方、面

  • de-「下へ」spect「見る」
    見下して
    【前】にも関わらず、意に反して

  • spect「見る」-al「性質」-ly「のような」
    際立った特徴の見える
    【副】特に

  • spect「見る」
    【動】遠くの物を見つける

  • ex-「外へ」spect「見る」
    先を見る
    【動】期待する

  • ex-「外へ」spect「見る」-ate「する」-ion「こと」
    先を見ること
    【名】期待、予想

  • in-「中へ」spect「見る」
    内部まで念入りに見る
    【動】検査する

  • in-「中へ」spect「見る」-ion「こと」
    内部まで念入りに見ること
    【名】調査、検査

  • pro-「前に」spect「見る」
    未来 (先の時間) を見ること、前方を見ること
    【名】見込み、予想、見晴らし、景色

  • pro-「前に」spect「見る」-ing「こと」
    前だけ見てどんどん進み続ける
    【名】探鉱、探査

  • pro-「前に」spect「見る」-ive「性質」
    未来 (先の時間) を見る
    【形】将来の、今後の

  • re-「後ろへ」spect「見る」
    後ろへふり返るほど注目して深い関心を持つ
    【名】関心、敬意

  • re-「後ろへ」spect「見る」-ive「性質」
    後ろへふり返るほど注目して、関心を持ちそれぞれに気を配る
    【形】それぞれの

  • re-「後ろへ」spect「見る」-ive「性質」-ly「のような」
    後ろへふり返るほど注目して、関心を持ちそれぞれに気を配る
    【副】それぞれ

  • retro-「後ろ」spect「見る」
    過ぎ去った時間をふりかえる
    【名】回想、回顧

  • retro-「後ろ」spect「見る」-ive「性質」
    過ぎ去った時間をふりかえる
    【形】回顧的な

  • spect「見る」
    見える景色
    【名】範囲、領域

  • spect「見る」-al「性質」
    際立った特徴が見える
    【形】特別な

  • spect「見る」-al「性質」-ist「人」
    見い出す人
    【名】専門家

  • spect「見る」-al「性質」-ize「する」
    見い出す
    【動】専門とする、専攻する

  • spect「見る」-al「性質」-ly「のような」
    際立った特徴が見える
    【副】特に

  • spect「見る」
    特徴が見える傾向
    【名】種類

  • spect「見る」-ic「性質」
    際立った特徴の見える
    【形】明確な、特有の、特異の

  • spect「見る」-ic「性質」-ly「のような」
    際立った特徴の見える
    【副】特に

  • spect「見る」-ic「性質」-ate「する」-ion「こと」
    特徴が見える文書
    【名】仕様書、明細書

  • spect「見る」fy「する」
    特徴が見えるようにする
    【動】明示する

  • spect「見る」
    見える景色
    【名】光景、壮観

  • spect「見る」
    見えやすい特徴をつける物
    【名】スパイス、香辛料

  • spy
    spect「見る」
    様子を見に行く人
    【名】スパイ、諜報員

  • sus-「下に」spect「見る」
    下を向いていたのに思わず見上げてしまうほどの事柄
    【名】容疑者

  • sus-「下に」spect「見る」-ous「性質」
    下を向いていたのに思わず見上げてしまうほど
    【形】疑わしい、怪しい

  • sus-「下に」spect「見る」-ous「性質」-ly「のような」
    下を向いていたのに思わず見上げてしまうほど
    【副】疑わしげに、怪しそうに
語源とイラストで一気に覚える英単語
語源学習を始めてみようと考えているかたへ。一つひとつの語源がイラスト付きで丁寧に解説されていて入りやすいと思います。200 の語源が掲載されています。
お知らせ 反響 謝辞 参考資料 注意事項
© 2009 - 2018 Takumi Tsunokake