A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

接頭辞 ambi-, be- の意味

古英語 be- が由来です。be- は around「周囲の」や of all sides「あらゆる」を意味します。「周囲」とは「あらゆる」方向です。be- と ambi- のつづりを見比べると似ても似つかないように思えます。ここで be- と ambi- の祖先をたどると印欧祖語 ambhi に行き着きます。ambi- は ambhi と似ています。be- は ambhi の先頭 2 文字が欠けた bhi から変化しました。やはり親戚なのです。

周囲の

ambi-「周囲の」
【前】まわりに、そばに、おおよそ、【副】周辺に、あちこちに

あらゆる

ambi-「あらゆる」-ous「性質」
あらゆる可能性がある
【形】曖昧な

ambi-「あらゆる」it「行く」-ous「性質」
公職志願者が票を求めて歩き回る様子
【形】志を持つ、野心に満ちた

be-「あらゆる」set「置く」
あらゆる方向に悩みごとが置かれる
【動】取り囲む、困らせる、悩ませる
英文法をこわす 感覚による再構築
英文法の本質は「イメージ」です。英文法は、用法という機械的なものではなく、感覚という人間らしいものであると、本書を読めば感じ取れるはずです。英文法の丸暗記に苦しんだすべての方に読んでいただきたい一冊です。