【接頭辞】 e-, ex-, ef- の意味

1. 外側へ

  • by-「副次的な」ef-「外側へ」fect「つくる」
    副次的な + 結果, 効果 (=外へつくり出したもの → 世にもたらしたもの)
    【名】副作用

  • co-「共に」ex-「外側へ」sist「立つ」
    共に + 存在する (←世 (外) にいる)
    【動】共存する

  • e-「外側へ」dict「話す」
    世 (外) へ話す → 文書を公開する
    【名】政令、法令

  • e-「外側へ」dit「与える」
    世 (外) に出すために書いたりまとめたりする
    【動】編集する

  • e-「外側へ」dit「与える」-ion「~すること」
    世 (外) に出るために書かれまとめられたもの
    【名】版

  • e-「外側へ」dit「与える」-or「~する人 [もの]」
    世 (外) に出すために書いたりまとめたりする人
    【名】編集者

  • e-「外側へ」duce「導く」-ate「〜する」
    導いて能力を引き出す
    【動】教育する

  • e-「外側へ」duce「導く」-ate「〜する」-ion「~すること」
    導いて能力を引き出すこと
    【名】教育

  • ef-「外側へ」fect「つくる」
    外へ作り出すもの → 世にもたらしたもの
    【名】結果, 効果

  • e-「外側へ」fect「つくる」-ive「~という性質のある」
    結果, 効果 (=外へつくり出したもの → 世にもたらしたもの) + 〜性質のある
    【形】効果的な

  • ef-「外側へ」fic「つくる」-ent《形容詞をつくる》
    つくり出していく力がある
    【形】有能な, 効率的な

  • ef-「外側へ」fic「つくる」-ent《形容詞をつくる》-ly《副詞をつくる》
    どんどんつくり出している
    【副】能率的に, 効率的に

  • ef-「外側へ」fort「強い, かたい」
    外へ (=世界へ) 向かって力を尽くして励むこと
    【名】努力

  • e-「外側へ」ject「投げる」
    内から外へ投げ出す
    【動】放出する, 排出する, 脱出する

  • ex-「外側へ」lab「はたらく」-ate「〜する」
    丹念な仕事によってつくる、つくられた
    【形】凝った、精巧な, 【動】凝ってつくる、精巧につくる

  • ex-「外側へ」lab「はたらく」-ate「〜する」-ion「~すること」
    丹念な仕事でものをつくること
    【名】丹念につくり上げること、丹念に作り上げられたもの

  • e-「外側へ」loqu「話す」-ence《抽象名詞をつくる》
    外へ向けて力強く話すこと
    【名】雄弁

  • e-「外側へ」loqu「話す」-ent《形容詞をつくる》
    外へ向けて力強く話している
    【形】雄弁な, もの語っている

  • e-「外側へ」migr「動く」-ant「人, もの」
    今いる場所から外の場所へ動く人
    【名】(外国への) 移民

  • e-「外側へ」migr「動く」-ate「〜する」
    今いる場所から外の場所へ動く
    【動】(外国へ) 移住する

  • e-「外側へ」migr「動く」-ate「〜する」-ion「~すること」
    今いる場所から外の場所へ動くこと
    【名】(外国への) 移住

  • e-「外側へ」mit「送る」-ion「~すること」
    内から外へ発すること [発せられたもの]
    【名】放出, 排泄物