A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

接尾辞 -ity の意味

ラテン語 -itatem が由来です。英単語の末尾に付いて、「性質」や「状態」を意味する名詞にするはたらきがあります。

1. こと

  • -able「できる」-ity「こと」
    【名】能力、才能

  • ab-「離れた」norm「規格」-al「性質」-ity「こと」
    規格からかけ離れていること
    【名】異常

  • ac-「その方向へ」cept「つかみ取る」-able「できる」-ity「こと」
    つかみ取れること
    【名】受容性

  • ac-「その方向へ」cess「進む」-ible「できる」-ity「こと」
    行きたい方向へ進める度合い
    【名】アクセスのしやすさ

  • act「行為」-ity「こと」
    それをやった人がいること
    【名】実際、実在、現実

  • a-「その方向へ」val「価値」-able「できる」-ity「こと」
    価値あるものを使えること
    【名】使えること、利用可能性

  • cap「つかみ取る」-able「できる」-ity「こと」
    把握できること
    【名】能力

  • di-《強意》verse「形や性質を変える」-ity「こと」
    形や性質がさまざまであること
    【名】多様性

  • electr「琥珀」-ic「性質」-ity「こと」
    電気 (琥珀をこすることで発見された)
    【名】電気、電力

  • equal「等しい」-ity「こと」
    【名】平等、均等

  • ethn「民族」-ic「性質」-ity「こと」
    【名】民族性

  • fact「する」-ity「こと」
    容易にできるような機会を提供するもの
    【名】設備、施設

  • fact「つくる」-ion「こと」-able「できる」-ity「こと」
    ファッション (=つくり上げるもの) の性質
    【名】ファッション性

  • grav「重い」-ity「こと」
    重さをつくり出すもの
    【名】重力

  • her「受け継ぐ」-ity「こと」
    受け継がれるもの
    【名】遺伝、世襲

  • host「客」-ity「こと」
    敵 (=招かれざる客) に対する意志
    【名】敵意

  • in-「否定」fin「終わる」-ity「こと」
    終わりのない
    【名】無限大

  • manu「手」fact「つくる」-ure「こと」-able「できる」-ity「こと」
    【名】製造可能性

  • ob-「その方向へ」serv「見る」-able「できる」-ity「こと」
    見守れる度合い
    【名】可観測性

  • ob-「その方向へ」port「港」-ity「こと」
    港へ風が都合よく運ぶこと
    【名】機会、チャンス

  • ori「生まれる」-al「性質」-ity「こと」
    新しく生むこと
    【名】独自性

  • per-「徹底的に」fect「つくる」-ible「できる」-ity「こと」
    完成している
    【名】完成度

  • posse「できる」-ible「できる」-ity「こと」
    できる度合い、起こりうる度合い
    【名】可能性

  • pro-「前に」face「つくる」-able「できる」-ity「こと」
    利益 (=つくり出した結果) になる性質
    【名】収益性

  • publ「人々」-ic「性質」-ity「こと」
    人々に知らせること
    【名】広報、宣伝、周知、知名度

  • quali「質」-ity「こと」
    【名】質

  • re-「再び」cogni「知る」-ize「する」-able「できる」-ity「こと」
    また見た時にわかる度合い
    【名】認知度

  • se-「離れて」cure「気遣い」-ity「こと」
    心配しなくていい状態
    【名】セキュリティ、安全

  • st「立つ」-able「できる」-ity「こと」
    立ったままでいられること
    【名】安定性

  • uni-「一つの」verse「向きを変える」-ity「こと」
    学問が集まる場
    【名】総合大学

  • vit「生きる」-al「性質」-ity「こと」
    いきいきしている
    【名】活気
英語語源辞典
英単語の意味が年代順にどのように変化したかが詳しく解説されています。英単語の語源や歴史を知りたい方はぜひお読みください。専門性は高めです。収録語彙数は約 5 万です。
お知らせ 反響 謝辞 参考文献 注意事項
© 2009 - 2017 Takumi Tsunokake