【接尾辞】 -ity の意味

ラテン語 -itatem が由来です。形容詞の最後に付いて「性質」や「状態」を意味する名詞をつくる役割があります。

1. 〜こと

  • -able「~できる」-ity「〜こと」
    【名】能力、才能

  • ab-「離れた」norm「規格」-al「性質」-ity「〜こと」
    規格からかけ離れていること
    【名】異常

  • ac-「〜の方へ」cept「つかみ取る」-able「~できる」-ity「〜こと」
    つかみ取れること
    【名】受容性

  • cap「つかみ取る」-able「~できる」-ity「〜こと」
    把握できること
    【名】能力

  • di-《強意》verse「形、性質を変える」-ity「〜こと」
    形や性質がさまざまであること
    【名】多様性

  • electr「琥珀」-ic「性質」-ity「〜こと」
    電気 (琥珀をこすることで発見された)
    【名】電気、電力

  • fact「〜する」-ity「〜こと」
    容易にできるような機会を提供するもの
    【名】設備、施設

  • fact「つくる」-ion「~こと」-able「~できる」-ity「〜こと」
    ファッション (=つくり上げるもの) の性質
    【名】ファッション性

  • grav「重い」-ity「〜こと」
    重さをつくり出すもの
    【名】重力

  • her「受け継ぐ」-ity「〜こと」
    受け継がれるもの
    【名】遺伝、世襲

  • in-「〜でない」fin「終わる」-ity「〜こと」
    終わりのない
    【名】無限大

  • manu「手」fact「つくる」-ure「〜こと」-able「~できる」-ity「〜こと」
    【名】製造可能性

  • ob-「~の方へ」serv「見る」-able「~できる」-ity「〜こと」
    見守れる度合い
    【名】可観測性

  • per-「徹底的に」fect「つくる」-ible「~できる」-ity「〜こと」
    完成している
    【名】完成度

  • posse「〜できる」-ible「~できる」-ity「〜こと」
    できる度合い → おこりうる度合い
    【名】可能性

  • pro-「前に、前の」face「つくる」-able「~できる」-ity「〜こと」
    利益 (=つくり出した結果) になる性質
    【名】収益性

  • publ「人々」-ic「性質」-ity「〜こと」
    人々に知らせること [知られていること]
    【名】広報、宣伝、周知、知名度

  • quali「質」-ity「〜こと」
    【名】質

  • re-「再び」cogni「知る」-ize「〜する」-able「~できる」-ity「〜こと」
    また見た時にわかる度合い
    【名】認知度

  • st「立つ」-able「~できる」-ity「〜こと」
    立ったままでいられること
    【名】安定性

  • uni-「1つの」verse「向きを変える」-ity「〜こと」
    学問が集まった場所
    【名】(総合) 大学

  • vit「生きる、命」-al「性質」-ity「〜こと」
    いきいきしている
    【名】活気
英語語義語源辞典
語源学習に慣れている方へ。英単語の成り立ちがとても詳しく書かれています。難しい記号は少ないので読みやすいです。収録項目数は 49,000 です。
© 2017 Takumi Tsunokake お知らせ 反響 参考文献 寄付