【接尾辞】 -ity の意味

ラテン語 -itatem より。形容詞の最後に接続して「性質」や「状態」を意味する名詞をつくる役割がある。

1. 〜すること

  • di-《強意》verse「形, 性質を変える」-ity「〜すること」
    形や性質がさまざまであること
    【名】多様性

  • electr「琥珀」-ic「〜の性質がある」-ity「〜すること」
    電気 (琥珀をこすることで発見された)
    【名】電気, 電力

  • grav「重い」-ity「〜すること」
    重さをつくり出すもの
    【名】重力

  • her「受け継ぐ」-ity「〜すること」
    受け継がれるもの
    【名】遺伝, 世襲

  • in-「〜でない」fin「終わる」-ity「〜すること」
    終わりのない
    【名】無限大

  • ob-「~の方へ」serv「見る」-able「~できる」-ity「〜すること」
    見守れる度合い
    【名】可観測性

  • posse「〜できる」-ible「~できる」-ity「〜すること」
    できる度合い → おこりうる度合い
    【名】可能性

  • publ「人々」-ic「〜の性質がある」-ity「〜すること」
    人々に知らせること [知られていること]
    【名】広報, 宣伝, 周知, 知名度

  • re-「再び」cogni「知る」-ize「〜する」-able「~できる」-ity「〜すること」
    また見た時にわかる度合い
    【名】認知度

  • st「立つ」-able「~できる」-ity「〜すること」
    立ったままでいられること
    【名】安定性

  • uni-「1つの」verse「向きを変える」-ity「〜すること」
    学問が集まった場所
    【名】(総合) 大学

  • vit「生きる, 命」-al《名詞・形容詞をつくる》-ity「〜すること」
    いきいきしている
    【名】活気
一億人の英文法
この本が学校の教科書になれば、たくさんの人が用法の丸暗記による苦しみから開放されると思います。文法を楽しんで学ぶための必読の一冊です!
© 2017 Takumi Tsunokake お知らせ 反響 参考文献 寄付