A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

語根 just, jure の意味

古フランス語 juste が由来です。juste は「ちょうど」や「正義」を意味します。ちょうどいいことに「ただしさ」を見出したようです。juste から派生した英単語には adjust や justice があります。adjust は「調整する」を意味します。調整する際は「ちょうど」いい所を見極めます。justice は「正義」を意味します。

古フランス語 juste の由来はラテン語 iustus です。さらに iustus の由来はラテン語 ius です。ius は「ただしい」を意味します。ius は法律的に「ただしい」という意味で使われていました。ius から派生する英単語には「ただしい」イメージが強くあります。

ただしさ

ab-「離れた」jure「ただしさ」-tion「こと、もの」
ただしさから離れること
【名】誓いの放棄

ab-「離れた」jure「ただしさ」
ただしさから離れる
【動】誓いを捨てる

in-「否定」jure「ただしさ」
ただしくないことをやる
【動】傷つける

in-「否定」jure「ただしさ」-ed「性質」
ただしくないことをされた
【形】傷つけられた、【名】負傷者

in-「否定」jure「ただしさ」-y「こと」
ただしくないことをされた結果
【名】けが

just「ただしさ」-ice「こと」
ただしいこと
【名】正義

just「ただしさ」-ify「する」
ただしいとすること
【動】正当化する

un-「否定」in-「否定」jure「ただしさ」-ed「性質」
ただしくないことをされていない
【形】無傷の

法律

jure「法律」-y「こと」
法的な判断をする人
【名】陪審

ちょうど

ad-「その方向へ」just「ちょうど」
ちょうどよくする
【動】調整する
英文法をこわす 感覚による再構築
英文法は用法の集まりという窮屈さではなく、感覚でとらえられるのだと感じとれます。