【語幹】 just, jure の意味

古フランス語 juste (= just, righteous) より。just は「ちょうど」を意味し、righteous は「正義」を意味します。juste をさらにさかのぼるとラテン語の iustus (= upright, equitable) に行き着きます。さらに、iustus はラテン語 ius (= right) から生まれました。ius は法律的に正しい (= right) 意味合いが強いです。

法律は「正しく」、正しさをつらぬく「きっちりさ」から、「ちょうど」を連想していきましょう。

1. 正しさ

  • ab-「離れた」jure「正しさ」-tion「~こと」
    【名】誓いの放棄

  • ab-「離れた」jure「正しさ」
    【動】誓いを捨てる

  • in-「〜でない」jure「正しさ」
    正しくないことをやる
    【動】傷つける

  • in-「〜でない」jure「正しさ」-ed「性質」
    正しくないことをされた
    【形】傷つけられた、【名】負傷者

  • in-「〜でない」jure「正しさ」-y「〜こと」
    正しくないこと → 傷つけられてできたもの
    【名】けが

  • just「正しさ」-ice「〜すること」
    正しいこと
    【名】正義

  • just「正しさ」-ify「〜する」
    正しいとすること
    【動】正当化する

  • un-「~でない」in-「〜でない」jure「正しさ」-ed「性質」
    正しくないことをされていない
    【形】無傷の

2. 法律

  • jure「法律」-y「〜こと」
    法的な判断をする人
    【名】陪審

3. ちょうど

  • ad-「〜の方へ」just「ちょうど」
    ちょうどよくする
    【動】調整する
つむぐ英単語—部品で覚える入試重要2300語
入試に必携! 試験に出る重要な 2300単語が語源に分解されまとめられています。受験の強い味方になると思います。
© 2017 Takumi Tsunokake お知らせ 反響 参考文献 寄付