A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

語幹 just, jure の意味

古フランス語 juste が由来です。juste は just「ちょうど」や righteous「正義」を意味します。正義は正しいことだと言われます。そして、ちょうどいいことは正しいことなのかもしれません。adjust は「ちょうどよく調整する」を意味し、justice は「正義」を意味します。

古フランス語 juste をさかのぼるとラテン語の iustus に行き着きます。さらに iustus はラテン語 ius へと繋がります。ius は right「正しい」を意味します。ius は法律的に正しいという意味で使われていたようです。法律は絶対であり正義という発想だからか、ius から生まれた言葉には「正しい」という強いイメージがあります。

1. 正しさ

  • ab-「離れた」jure「正しさ」-tion「こと」
    【名】誓いの放棄

  • ab-「離れた」jure「正しさ」
    【動】誓いを捨てる

  • in-「否定」jure「正しさ」
    正しくないことをやる
    【動】傷つける

  • in-「否定」jure「正しさ」-ed「性質」
    正しくないことをされた
    【形】傷つけられた、【名】負傷者

  • in-「否定」jure「正しさ」-y「こと」
    正しくないこと → 傷つけられてできたもの
    【名】けが

  • just「正しさ」-ice「こと」
    正しいこと
    【名】正義

  • just「正しさ」-ify「する」
    正しいとすること
    【動】正当化する

  • un-「否定」in-「否定」jure「正しさ」-ed「性質」
    正しくないことをされていない
    【形】無傷の

2. 法律

  • jure「法律」-y「こと」
    法的な判断をする人
    【名】陪審

3. ちょうど

  • ad-「その方向へ」just「ちょうど」
    ちょうどよくする
    【動】調整する
語源耳
ふんだんな絵・写真でイメージしやすく、音声CDで耳から学べ、ストーリー仕立てなので語源が頭に入りやすい構成です。赤・緑の全2巻で楽しく学びましょう!
© 2009 - 2017 Takumi Tsunokake お知らせ 反響 参考文献 寄付