A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

語根 just, jure

「ただしさ」や「法律」を意味します。派生した英単語には injure や jurist があります。injure は「傷つける」を意味します。傷つけることは「ただしく」ないことです。jurist は「法学者」を意味します。法学者は「法律」の学者です。

ラテン語 ius、iudex が由来です。

ただしさ

ab-「離れた」jure「ただしさ」-tion「こと、もの」
ただしさから離れること
【名】誓いの放棄

ab-「離れた」jure「ただしさ」
ただしさから離れる
【動】誓いを捨てる

in-「否定」jure「ただしさ」
ただしくないことをやる
【動】傷つける

in-「否定」jure「ただしさ」-ed「のような」
ただしくないことをされたような
【形】傷つけられた、【名】負傷者

in-「否定」jure「ただしさ」-y「こと、もの」
ただしくないことをされた結果
【名】けが

just「ただしさ」dict「話す」
どちらがただしいかを話す
【動】判断する、裁く

just「ただしさ」dict「話す」-ship「地位」
裁判官 (=どちらがただしいかを話す人) の地位
【名】裁判官の地位

just「ただしさ」dict「話す」-ment「こと」
どちらがただしいかを話すこと
【名】判断、判決

just「ただしさ」
ただしいこと
【名】正義、司法

just「ただしさ」-ify「する」-able「できる、しうる」
ただしいとできるような
【形】正当化できる、正当な

just「ただしさ」-ify「する」-ation「すること、するもの」
ただしいとすること
【名】正当化

just「ただしさ」-ify「する」
ただしいとする
【動】正当化する

just「ただしさ」-ly「のように」
ただしいように
【副】公平に、正当に

just「ただしさ」-ness「こと」
ただしいこと
【名】ただしさ、正当

un-「否定」in-「否定」jure「ただしさ」-ed「のような」
ただしくないことをされていないような
【形】無傷の

un-「否定」just「ただしさ」
ただしくないような
【形】不公平な、不当な

法律

jure「法律」dict「話す」-al「のような」
法律のもとで話すような
【形】司法の、裁判上の

jure「法律」dict「話す」-al「のような」-ly「のように」
法律のもとで話すように
【副】司法的に

jure「法律」dict「話す」-ion「こと、もの」
法律のもとで話す権利
【名】司法権

jure「法律」-ist「専門家」
法律の専門家
【名】法学者

jure「法律」-y「こと、もの」
法的な判断をする人
【名】陪審

ちょうど

ad-「その方向へ」just「ちょうど」
ちょうどよくする
【動】調整する