A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

接尾辞 -ify

動詞をつくります。

ラテン語 -ficare の前に連結詞 -i- がついたものが由来です。

する

class「分ける」-ify「する」-able「できる、しうる」
分けられるような
【形】分類できる

class「分ける」-ify「する」-ation「すること、するもの」
分けること
【名】分類

class「分ける」-ify「する」
【動】分類する

just「ただしさ」-ify「する」-able「できる、しうる」
ただしいとできるような
【形】正当化できる、正当な

just「ただしさ」-ify「する」-ation「すること、するもの」
ただしいとすること
【名】正当化

just「ただしさ」-ify「する」
ただしいとする
【動】正当化する

mis-「誤って」class「分ける」-ify「する」
誤って分ける
【動】誤って分類する

ne「否定」illus「少しも」-ify「する」-ation「すること、するもの」
少しも無い状態にすること
【名】無効化

ne「否定」illus「少しも」-ify「する」-er「人、もの」
少しも無い状態にするもの
【名】無効にする人、無効器

ne「否定」illus「少しも」-ify「する」
少しも無い状態にする
【動】無効にする

ob-「その方向へ」ject「投げる」-ify「する」-ation「すること、するもの」
距離を置いて物体 (=目の前に投げ込まれるもの) を見ること
【名】客観化

ob-「その方向へ」ject「投げる」-ify「する」
物体 (=目の前に投げ込まれるもの) にする
【動】物として見る、客観的にする

re-「再び」uni-「1 つの」-ify「する」
再び 1 つにする
【動】再統合する

sign「印」-ify「する」-ant「のような」
印をつけるほど重要であるような
【形】重要な、著しい

sign「印」-ify「する」-ant「のような」-ly「のように」
印をつけるほど重要であるように
【副】おおいに

sign「印」-ify「する」
印になる
【動】意味する、示す

sim-「1 つ」-ify「する」
折り目を 1 つにする
【動】単純化する