A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

接頭辞 in-, im- の意味

ラテン語 in- が由来です。in- は not「否定」を意味します。in- から派生した英単語には infinity、insecure、incredible があります。infinity は「無限大」を意味します。「無限大」とは終わりが「ない」ことです。insecure は「不安な」を意味します。「不安」とは安心で「ない」状態です。incredible は「信じられない」を意味します。

ラテン語 in- の由来は印欧祖語 ne- です。ne- も同様に「否定」を意味します。in- を眺めていると「内側」を意味する現代英語の接頭辞 in- を思い出すかもしれません。「内側」を意味する in- と「否定」を意味する in- の由来は異なるようです。

否定

im-「否定」mut「変える」-able「できる、しうる」
変えられない
【形】不変の

im-「否定」pede「足」-ance「もの、こと」
歩けなくして身動きがとれなくするもの
【名】電気抵抗、障害物

im-「否定」pede「足」
歩けなくして身動きがとれないようにする
【動】進行などの邪魔をする、妨げる、遅らせる

im-「否定」posse「できる」-ible「できる、しうる」
できない
【形】おこりえない、【名】不可能なこと

im-「否定」pot「できる」-ent「性質」
能力がない
【形】無力な、不能の

in-「否定」act「行為」-ive「性質」
行動していない
【形】活発でない

in-「否定」cap「つかみ取る」-able「できる、しうる」
つかみ取れない
【形】能力のない、〜できない

in-「否定」cogni「知る」
知られないようにしている
【形】匿名の

in-「否定」con-「強意」vince「征服する」-ible「できる、しうる」
言い伏せられない
【形】説得できない

in-「否定」co-「強意」rect「まっすぐな」
まっすぐでない
【形】間違いの

in-「否定」co-「強意」rect「まっすぐな」-ly「のような」
まっすぐでない
【副】間違って

in-「否定」cred「信じる」-ible「できる、しうる」
【形】信じられない

in-「否定」de-「下へ」pend「ぶら下げる」-ence「もの、こと」
別のものにぶら下がらないこと
【名】独立、自立

in-「否定」de-「下へ」pend「ぶら下げる」-ent「性質」
他の物事にぶら下がっていない
【形】独立した、自主的な

in-「否定」di-「離れて」rect「導く」
直に導かない
【形】間接的な

in-「否定」dis-「離れて」pos「置く」-ed「性質」
気分が別のところへ向かない
【形】気が向かない

in-「否定」di-「離れて」vis「分ける」-ible「できる、しうる」
分けられない
【形】分割できない

in-「否定」e-「外へ」fect「つくる」-ive「性質」
つくり出すものがない
【形】効果的でない

in-「否定」fin「終わる」
終わりのない
【形】無限の

in-「否定」fin「終わる」-ity「こと」
終わりのない
【名】無限大

in-「否定」firm「強い、かたい」
強くない
【形】虚弱な、衰弱した

in-「否定」form「形」-al「性質」
形式ばらない
【形】堅苦しくない、非公式の、普段の

in-「否定」hosp「客」-able「できる、しうる」
客として迎えられない
【形】無愛想な

in-「否定」jure「ただしさ」
ただしくないことをやる
【動】傷つける

in-「否定」jure「ただしさ」-ed「性質」
ただしくないことをされた
【形】傷つけられた、【名】負傷者

in-「否定」jure「ただしさ」-y「こと」
ただしくないことをされた結果
【名】けが

in-「否定」oc-「その方向へ」cup「つかみ取る」-tion「こと」
つかみ取らないこと
【名】無職

in-「否定」se-「離れて」cure「気遣い」
心配ごとから離れられない
【形】不安な、不安定な

in-「否定」suf-「下に」fic「つくる」-ent「性質」
十分と言えるほど下に積まれていない
【形】不十分な

in-「否定」tange「触れる」-ible「できる、しうる」
【形】触れられない、とらえどころのない

in-「否定」tract「引っぱる」-able「できる、しうる」
思うがままに引っぱりまわせない
【形】言うことをきかない、頑固な

in-「否定」val「価値」
【形】無効な

in-「否定」val「価値」-ate「する」
価値を無くす
【動】無効化する、解消する

in-「否定」vince「征服する」-ible「できる、しうる」
【形】征服できない

un-「否定」in-「否定」jure「ただしさ」-ed「性質」
ただしくないことをされていない
【形】無傷の
英文法をこわす 感覚による再構築
英文法の本質は「イメージ」です。英文法は、用法という機械的なものではなく、感覚という人間らしいものであると、本書を読めば感じ取れるはずです。英文法の丸暗記に苦しんだすべての方に読んでいただきたい一冊です。