【語幹】 ess, sent, est の意味

ラテン語 esse (= to be) より。英単語では ess や sent といったつづりで登場する。ess は esse から来ているので分かりやすい。sent はわかりにくいが esse の活用形の一つだ。たとえば absent の語源は abesse で、その活用形が absentem となり、それに近いかたちで英語に取り込まれた。

1. 存在する

  • ab-「離れた」sent「存在する」-ence《抽象名詞をつくる》
    存在していないこと、そこにいないこと
    【名】欠席、留守

  • ab-「離れた」sent「存在する」
    存在していない、そこにいない
    【形】不在の, 【動】欠席する

  • ess「存在する」-ence《抽象名詞をつくる》
    存在するそのものの性質
    【名】本質、核心

  • ess「存在する」-ence《抽象名詞をつくる》-al《名詞・形容詞をつくる》
    存在するそのものである、存在するために必要な
    【形】本質的な、必要不可欠な

  • inter-「~間の」est「存在する」
    存在の間に入り込む → 物事を知ろうとする
    【動】興味をもたせる

  • inter-「~間の」est「存在する」
    存在の間に入り込みたくなる → 物事を知りたくなる
    【形】興味深い

  • posse「〜できる」ess「存在する」
    力をもっている
    【動】(知識、財産、権利などを) もつ
つむぐ英単語—部品で覚える入試重要2300語
入試に必携! 試験に出る重要な 2300単語が語源に分解されまとめられています。受験の強い味方になると思います。
© 2017 Takumi Tsunokake お知らせ 反響 参考文献 寄付