A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

語根 kwo, quo の意味

印欧祖語 *kwo- が由来です。*kwo- は「どれほどの」を意味します。*kwo- の由来はサンスクリット語 kah です。kah は「誰」や「どれ」を意味します。*kwo- と親戚の言葉であるラテン語 quot の意味は how many「どれくらいの数」です。

*kwo- と who を見比べるとつづりが似ています。英語は様々な影響を受けて、文字が入れ替わったり、似ている音で別の文字に置き換わったりしました。こういった現象は音韻転換、グリムの法則、ヴェルネルの法則といった名前が付いています。

どれほどの

how
kwo「どれほどの」
【副】どのくらい、どのように

quo「どれほどの」-ity「こと」
どれほどの大きさなのか
【名】量

quo「どれほどの」
どの位置にあるのか、どれほどの価値なのか
【動】引用する、値段をつける

quo「どれほどの」-ent「人、もの」
どれほどの比率か
【名】割合、指数、度合い

kwo「どれほどの」
どれなのか
【代名】何

kwo「どれほどの」
どの時間なのか
【代名】いつ

kwo「どれほどの」
どの場所なのか
【代名】どこ

kwo「どれほどの」
どれなのか
【代名】どれ

who
kwo「どれほどの」
どの人なのか
【代名】誰

kwo「どれほどの」
どの人なのか
【代名】誰に、誰を

kwo「どれほどの」
どの人なのか
【代名】誰の

why
kwo「どれほどの」
どの要因なのか
【代名】なぜ
日本語文法の謎を解く―「ある」日本語と「する」英語
「日本語のように英語にも主語はなかった」という驚きの切り口です。英語の歴史を知ると文法への意識が変わります。英語と日本語の文法の構造の違いが図解されています。