A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

語根 kwo, quo の意味

印欧祖語 kwo- が由来です。kwo- は「どれほどの」を意味します。kwo- の由来はサンスクリット語 kah です。kah は「誰」や「どれ」を意味します。kwo- と親戚の言葉であるラテン語 quot の意味は how many「どれくらいの数」です。

kwo- と who を見比べるとつづりが似ています。英語は様々な影響を受けて変化を遂げた言葉です。変化の過程で文字が入れ替わったり、似ている音で別の文字に置き換わったりしました。こういった現象を詳しく知るには音韻転換、グリムの法則、ヴェルネルの法則を調べてみると面白いです。

どれほどの

how
kwo「どれほどの」
【副】どのくらい、どのように

quo「どれほどの」-ity「こと」
どれほどの大きさなのか
【名】量

quo「どれほどの」
どの位置にあるのか、どれほどの価値なのか
【動】引用する、値段をつける

quo「どれほどの」-ent「人、もの」
どれほどの比率か
【名】割合、指数、度合い

kwo「どれほどの」
どれなのか
【代名】何

kwo「どれほどの」
どの時間なのか
【代名】いつ

kwo「どれほどの」
どの場所なのか
【代名】どこ

kwo「どれほどの」
どれなのか
【代名】どれ

who
kwo「どれほどの」
どの人なのか
【代名】誰

kwo「どれほどの」
どの人なのか
【代名】誰に、誰を

kwo「どれほどの」
どの人なのか
【代名】誰の

why
kwo「どれほどの」
どの要因なのか
【代名】なぜ
英文法をこわす 感覚による再構築
英文法は用法の集まりという窮屈さではなく、感覚でとらえられるのだと感じとれます。