A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

語根 sidus, siren の意味

ラテン語 sidus が由来です。sidus は「星」や「星座、集まり」を意味します。古代の占星術に関係する言葉です。

con-「強意」sidus「星」
星をじっと観察して考える
【動】考慮する、考える、みなす

con-「強意」sidus「星」-able「できる、しうる」
じっと観察して考えるべき星たちのような
【形】考慮すべき、かなりの量の、重要な

con-「強意」sidus「星」-ate「する」
星をじっと観察して見守るような
【形】思いやりのある、熟考した

con-「強意」sidus「星」-ation「すること」
星をじっと観察して見守ること
【名】考慮、思いやり

de-「下へ」siren「星」-able「できる、しうる」-ity「こと」
星の下にもたらされる度合い
【名】望ましさ、好ましさ

de-「下へ」siren「星」-able「できる、しうる」
星の下にもたらされる
【形】望ましい

de-「下へ」siren「星」
星の下にもたらされるもの
【名】欲望、願望

in-「否定」con-「強意」sidus「星」-able「できる、しうる」
じっと観察して考えるべき星たちではないような
【形】取るに足らない、わずかの

re-「再び」con-「強意」sidus「星」
何度も星をじっと観察して考える
【動】考え直す、再検討する

sidus「星」-al「性質」
【形】星の、星座の、恒星の
括弧の意味論
括弧の使い分けに疑問を感じていた時に手に取りました。括弧の使用率の独自性のある分析、括弧の歴史への見解、括弧から数学やプログラミングへの発想の転換が見どころです。