A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

語根 memor の意味

ラテン語 memor が由来です。memor は mindful「心に留めている」や remembering「想起」を意味します。「想起」とは「思い出すこと」です。

心に留める

com-「強意」memor「心に留める」-ate「する」
心に深く刻む
【動】記念する、追悼する、称える

com-「強意」memor「心に留める」-tion「こと、もの」
心に深く刻むこと
【名】記念すること、記念式典

memor「心に留める」
【名】覚え書き、メモ

memor「心に留める」
心に留めてきたこと
【名】回顧録、体験記、メモワール

memor「心に留める」-able「できる、しうる」
心に留められる
【形】覚えやすい、忘れられない

memor「心に留める」
心に留めること
【名】覚書、メモ、定款

memor「心に留める」-al「性質」
【名】記念碑、【形】記念の、追悼の

memor「心に留める」-ous「性質」
心に留めておける
【形】記憶力のよい、覚えやすい

memor「心に留める」-ize「する」-tion「こと、もの」
心に留めること
【名】記憶、暗記

memor「心に留める」-ize「する」
【動】覚える

memor「心に留める」-y「こと」
憶えること
【名】記憶、メモリー

re-「再び」memor「心に留める」
心に留めていたことを再び思う
【動】思い出す

re-「再び」memor「心に留める」-ance「もの、こと」
心に留めていたことを再び思うこと
【名】思い出、記憶
英文法をこわす 感覚による再構築
英文法は用法の集まりという窮屈さではなく、感覚でとらえられるのだと感じとれます。