A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

接頭辞 re- の意味

ラテン語の re- に由来します。re- は back「後ろへ」、again「再び」、against「反対に」を意味します。まれに「強意」を意味します。「何度も繰り返す」執着心から「強意」が想起されたのでしょうか。

後ろへ下がることは後退 (recede)、再び生まれることは復活 (reborn)、反対の立場に立つことは抵抗する (resist)、固く心に決めることは決心 (resolution) です。

1. 後ろへ

  • re-「後ろへ」cede「進む」
    後ろへ進む
    【動】後退する

  • re-「後ろへ」cept「つかみ取る」
    つかんで持ち帰れるもの
    【名】レシート、領収書

  • re-「後ろへ」ceive「つかみ取る」-able「できる」
    つかんで持ち帰ることができる
    【形】受け取れる、【名】売掛金

  • re-「後ろへ」ceive「つかみ取る」
    つかんで持ち帰る
    【動】受け取る

  • re-「後ろへ」ceive「つかみ取る」-er「人、もの」
    つかんで持ち帰る人、もの
    【名】受信者、受信機

  • re-「後ろへ」cept「つかみ取る」-ion「こと」
    つかんで持ち帰ること、受け入れること
    【名】受け取ること、受付、歓迎会

  • re-「後ろへ」cip「つかみ取る」
    つかんで持ち帰るもの
    【名】レシピ、処方箋

  • re-「後ろへ」cip「つかみ取る」-ent「人、もの」
    つかんで持ち帰る人
    【名】受信者、受給者

  • re-「後ろへ」gress「歩く」
    後ろへ行く
    【動】後退する

  • re-「後ろへ」gress「歩く」-ion「こと」
    後ろへ行くこと
    【名】後退、回帰

  • re-「後ろへ」ject「投げる」
    後ろへ投げ捨てて見向きもしない
    【動】拒絶する

  • re-「後ろへ」ject「投げる」-ion「こと」
    後ろへ投げ捨てて見向きもしないこと
    【名】拒絶

  • re-「後ろへ」serv「守る」-able「できる」
    保持できる、たくわえられる
    【形】保存できる、予約できる

  • re-「後ろへ」serv「守る」-ate「する」-tion「こと」
    後ろに控えて保持すること
    【名】予約

  • re-「後ろへ」serv「守る」
    後ろに控えて保持してたくわえる
    【動】予約する、用意する

  • re-「後ろへ」spect「見る」
    後ろへふり返るほど注目して深い関心を持つ
    【名】関心、敬意

  • re-「後ろへ」spect「見る」-ive「性質」
    後ろへふり返るほど注目して、関心を持ちそれぞれに気を配る
    【形】それぞれの

  • re-「後ろへ」spect「見る」-ive「性質」-ly「のような」
    後ろへふり返るほど注目して、関心を持ちそれぞれに気を配る
    【副】それぞれ

  • re-「後ろへ」st「立つ」
    stand back。後ろに下がって休む、やり残した状態で後ろに下がる
    【動】休む、やり残す、【名】休息、残り

  • re-「後ろへ」st「立つ」-ed「性質」
    後ろに下がって十分に休んだ
    【形】休まった

  • re-「後ろへ」tain「つかんで離さない」
    背後にとっておく
    【動】保有する、保つ

  • re-「後ろへ」vert「向きを変える」
    後ろに向きを変える
    【動】元に戻す、再考する

  • re-「後ろへ」vok「呼ぶ」
    呼び戻す
    【動】取り消す

  • re-「後ろへ」volt「回転する」
    巻き戻すように反対の立場をとる
    【動】反逆する

  • re-「後ろへ」volve「回転する」-tion「こと」
    巻き戻すこと、権力や組織をかき回してひっくり返すこと
    【名】革命

  • re-「後ろへ」volve「回転する」-able「できる」
    巻き戻せる
    【形】回転できる

  • re-「後ろへ」volve「回転する」
    巻き戻す
    【動】回転する、循環する

  • re-「後ろへ」volve「回転する」-er「人、もの」
    巻き戻すもの
    【名】リボルバー

2. 再び

  • re-「再び」born「生まれる」
    再び生まれる
    【形】生き返った、生まれ変わった、【動】再生する

  • re-「再び」cogni「知る」-tion「こと」
    また見た時にわかること
    【名】認識、認知

  • re-「再び」cogni「知る」-ize「する」-able「できる」-ity「こと」
    また見た時にわかる度合い
    【名】認知度

  • re-「再び」cogni「知る」-ize「する」-able「できる」
    また見た時にわかる
    【形】認識できる、識別できる

  • re-「再び」cogni「知る」-ize「する」
    また見た時にわかる
    【動】認識する、識別する

  • re-「再び」con-《強意》firm「強い、かたい」
    再び確認する (=あいまいな物事をかためてはっきりさせる)
    【動】再確認する

  • re-「再び」cor「心」
    再び心にやどせるように
    【動】記録する、【名】記録

  • re-「再び」do「~する」
    再び~する
    【動】もう一度やり直す、つくりかえる、改装する

  • re-「再び」unda「波」-ant「性質」-cy「こと」
    水が何度もあふれるほどあること
    【名】冗長

  • re-「再び」unda「波」-ant「性質」
    水が何度もあふれるほどある
    【形】冗長な

  • re-「再び」face「面」
    表面をつくり直す
    【動】壁の表面を張り替える

  • re-「再び」join「繋げる」
    【動】再結合する、再び仲間になる

  • re-「再び」pro-「前に」duct「導く」-ion「こと」
    前へ前へと再び生み出すこと
    【名】再生産

  • re-「再び」quire「探し求める」
    繰り返し求める
    【動】必要とする

  • re-「再び」st「立つ」
    立て直す
    【動】回復する、修復する

  • re-「再び」st「立つ」-ing「こと」
    【形】復元する、【名】復元

  • re-「再び」use「使う」
    再び使えるようにする
    【動】再利用する、再生する、【名】再利用、再使用

  • re-「再び」view「見る」
    もう一度見る
    【動】見直す

  • re-「再び」vive「生きる」-al「性質」
    命を吹きかえすこと
    【名】復活

  • re-「再び」vive「生きる」
    命を吹きかえす
    【動】復活する

  • re-「再び」voc「呼ぶ」-able「できる」
    呼び戻して元に戻せる
    【形】取り消しできる

  • re-「再び」voc「呼ぶ」-tion「こと」
    呼び戻して元に戻すこと
    【名】取り消し、撤回

3. 反対に

  • re-「反対に」act「行為」
    反対に作用する
    【動】反作用する、反応する

  • re-「反対に」act「行為」-ion「こと」
    反対に作用すること
    【名】反作用、反応

  • re-「反対に」act「行為」-ive「性質」
    反対に作用する
    【形】反作用の、反応する

  • re-「反対に」fer「運ぶ」
    情報を見て持ち帰る
    【動】参照する、関連する

  • re-「反対に」fer「運ぶ」-ence「もの、こと」
    情報を見て持ち帰ること、見た情報
    【名】参照、参考文献

  • re-「反対に」mit「送る」
    送り返す
    【動】送金する

  • re-「反対に」ply「折る」
    折り返す
    【動】返事する、回答する

  • re-「反対に」sist「立つ」
    相手の反対側に立って歯向かう
    【動】抵抗する

  • re-「反対に」sist「立つ」-ance「もの、こと」
    相手の反対側に立って歯向かうこと
    【名】抵抗

  • re-「反対に」sist「立つ」-ant「人、もの」
    相手の反対側に立って歯向かうこと
    【名】抵抗、耐性、抵抗者

  • re-「反対に」verse「向きを変える」
    反対にした
    【形】反対の

4. 強意

  • re-《強意》solut「ほどく」-ion「こと」
    からまっていた迷いをほどくこと
    【名】決心

  • re-《強意》solve「ほどく」
    からまっていた迷いをほどく
    【動】決心する
語源でふやそう英単語
語源がカテゴリ別に整理されていて、体系的に学ぶことができます。解説がとても詳しいです。意味の派生を自分で考えるトレーニングもできます。
お知らせ 反響 謝辞 参考文献 注意事項
© 2009 - 2017 Takumi Tsunokake