A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

英単語 receivable の意味

re-「後ろへ」ceive「つかみ取る」-able「できる、しうる」
つかんで持ち帰ることができるような
【形】受け取れる、【名】売掛金

ひとことメモ

receivable の名詞には「売掛金」という意味があります。ですので、receivable と「売掛金」は、両方とも「未来に受け取れるお金」を表現しているわけなのですが、ここで考えてみたいのは、どちらの言葉が「未来に受け取れるお金」をわかりやすく表現しているかです。

まずは receivable について考えてみます。receivable の形容詞は「受け取れる」という意味なので、そこから「未来に受け取れるお金」は自然に連想できる気がします。次に「売掛金」について考えてみます。「売掛金」を理解するためには、「売掛」という言葉を知らなくてはいけません。「売掛」は、「あとでお金を受け取ることを約束して商品を売ること」なので、「未来に受け取れるお金」とわかります。「売掛」という言葉に慣れてしまえばわかるのかもしれませんが、馴染みがないとピンとこないのではないかと思います。

売掛金は「未来に受け取れるお金」でしたが、これに対して、「未来に支払うお金」を意味する「買掛金」という言葉があります。こちらも「買掛」という言葉を知らないと意味がよくわかりません。ここで「買掛金」の英語を見てみると、payable となっています。こちらのほうが「支払い得る」イメージがすぐにわきやすいのではないかと思います。

「売掛金」の代わりに「受取予定金」、「買掛金」の代わりに「支払予定金」などと記載したほうが、わかりやすく、説明する手間が減るのではないかと思いました。このように、言語同士を比較すると思わぬ発見があるので面白いものです。

同じ語源の英単語

inter-「間の」re-「後ろへ」latus「運ぶ」-ed「のような」
お互いに知らせる (=持ち帰る) ような
【形】相関の、密接に関係する

re-「再び」gene「生む」-ation「すること、するもの」
再び生み出すこと
【名】再生

re-「再び」peat「進む」
再び進む
【動】繰り返す

re-「再び」store「立つ」
立て直す
【動】回復する、修復する

re-「反対に」verse「向きを変える」-ible「できる、しうる」
反対にできるような
【形】表と裏どちらも使える、可逆の