【語幹】 nat の意味

ラテン語 nasci (= to be born) より。

1. 生まれる

  • co-「共に」nat「生まれる」
    お互いの生まれが同じ
    【形】同族の, 同じ語源の

  • inter-「~間の」nat「生まれる」-ion「~すること」-al《名詞・形容詞をつくる》
    お互いの国家 (=生まれる場) が関わりあう
    【形】国家間の, 国際的な

  • inter-「~間の」nat「生まれる」-ion「~すること」-al《名詞・形容詞をつくる》-ize「〜する」-tion「~すること」
    お互いの国家 (=生まれる場) が関わるようにすること
    【名】国際化

  • inter-「~間の」nat「生まれる」-ion「~すること」-al《名詞・形容詞をつくる》-ize「〜する」
    お互いの国家 (=生まれる場) が関わるようにする
    【動】国際化する

  • inter-「~間の」nat「生まれる」-ion「~すること」-al《名詞・形容詞をつくる》-ly《副詞をつくる》
    お互いの国家 (=生まれる場) が関わりあう
    【副】国際間で、国際的に

  • multi-「多くの」nat「生まれる」-ion「~すること」-al《名詞・形容詞をつくる》
    多くの国家 (=生まれる場) の
    【形】多国家の, 多国籍の

  • nat「生まれる」-ion「~すること」
    生まれる場
    【名】国家

  • nat「生まれる」-ive「~という性質のある」
    生まれたままの
    【形】その土地の

  • nat「生まれる」-ure《名詞をつくる》
    生まれたままのもの
    【名】自然
語源耳
ふんだんな絵・写真でイメージしやすく、音声CDで耳から学べ、ストーリー仕立てなので語源が頭に入りやすい構成です。赤・緑の全2巻で楽しく学びましょう!
© 2017 Takumi Tsunokake お知らせ 反響 参考文献 寄付