A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

接尾辞 -ary の意味

ラテン語 -arius が由来です。英単語の末尾に付いて形容詞や名詞にするはたらきがあります。

もの

annu「年」vert「向きを変える」-ary「もの」
毎年めぐってくる日
【名】記念日

bi-「2 つの」-ary「もの」
2 つの数で成るもの
【形】2 進法の

con-「共に」fect「つくる」-ion「こと、もの」-ary「もの」
材料を組み合わせてつくられたもの
【名】菓子類

dict「話す」-ion「こと、もの」-ary「もの」
話すために使われるもの
【名】辞書

in-「否定」firm「強い、かたい」-ary「もの」
体が強くない時に行く場所
【名】診療所、保健室

ne-「否定」cess「進む」-ary「もの」
それ無しでは進めない
【形】欠かせない、必要な

ordi「整理」-ary「もの」
なだらかに順序だった
【形】普段どおりの、普通の、通常の

ret「回転する」-ary「もの」
回転するもの、円の形のもの
【名】回転、環状交差点、ロータリー

st「立つ」-tion「こと、もの」-ary「もの」
立ちっぱなしで動かない
【名】固定されたもの、【形】固定された

tri-「3 つの」-ary「もの」
3 つの数で成るもの
【形】3 進法の
どんどん話すための瞬間英作文
英文法を習得するカギのひとつは反復練習なのだと気づかされます。中学校で習う文章でも、いざ口に出してみると、意外とできないものです。