接頭辞 pro-, pur- の意味

ラテン語 pro が由来です。pro は before、forth を意味します。位置が前だったり、時間的に前だったり、姿勢が前のめりだったり、大衆の前だったり。いろいろな前があります。

1. 前に、前の

  • by-「副次的な」pro-「前に、前の」duct「導く」
    前へ前へと生み出みだす過程で本来想定していなかった産物
    【名】副産物、副次的効果

  • multi-「多くの」pur-「前に、前の」pose「置く」
    多くの目的 (達成させるために前におくもの)
    【形】多目的の

  • non-「否定」pro-「前に、前の」face「つくる」
    利益 (=つくり出した結果) がない
    【形】非営利の

  • pro-「前に、前の」cede「進む」-ure「こと」
    前へ進むための段取り
    【名】手続き、手順

  • pro-「前に、前の」ceed「進む」
    前に進む
    【動】前進する、進行する

  • pro-「前に、前の」cess「進む」
    前へ進むための段取り
    【名】手順、プロセス

  • pro-「前に、前の」duce「導く」
    前へ前へと生み出す
    【動】製造する、生み出す

  • pro-「前に、前の」duce「導く」-er「人、もの」
    前へ導く人
    【名】プロデューサー

  • pro-「前に、前の」duct「導く」
    前へ前へと生み出されたもの
    【名】製品

  • pro-「前に、前の」fess「言う」
    公の前ではっきりと言う
    【動】公言する

  • pro-「前に、前の」fess「言う」-ion「こと」
    公の前で専門的な内容をはっきりと言うこと
    【名】専門職

  • pro-「前に、前の」fess「言う」-ion「こと」-al「性質」
    公の前で専門的な内容をはっきりと言える
    【形】専門的な、プロの

  • pro-「前に、前の」fess「言う」-or「人、もの」
    公の前で専門的な内容をはっきりと言う人
    【名】教授

  • pro-「前に、前の」face「つくる」
    つくり出した結果
    【名】利益

  • pro-「前に、前の」face「つくる」-able「できる」-ity「こと」
    利益 (=つくり出した結果) になる性質
    【名】収益性

  • pro-「前に、前の」face「つくる」-able「できる」
    利益 (=つくり出した結果) になる
    【形】もうかる

  • pro-「前に、前の」face「つくる」-less「〜がない」
    利益 (=つくり出した結果) がない
    【名】もうけのない

  • pro-「前に、前の」gram「書く」
    公の前で書かれたもの
    【名】番組一覧、プログラム

  • pro-「前に、前の」gram「書く」-er「人、もの」
    コードを書いて公の前に示す人
    【名】プログラマー

  • pro-「前に、前の」gress「歩く」
    前へ進んで行く
    【動】前進する、進歩する

  • pro-「前に、前の」gress「歩く」-ion「こと」
    前へ進んで行くこと
    【名】進歩、進行

  • pro-「前に、前の」hibit「保つ」
    前のめりに行動を抑制する状態を保つ
    【動】禁止する

  • pro-「前に、前の」hibit「保つ」-ion「こと」
    前のめりに行動を抑制する状態を保つこと
    【名】禁止

  • pro-「前に、前の」ject「投げる」-or「人、もの」
    前に映像を投げつけるもの
    【名】プロジェクター、映写機

  • pro-「前に、前の」logue「談話」
    最初の談話
    【名】プロローグ、物語や劇などの序

  • pro-「前に、前の」long「長い」
    前にのばす
    【動】長引かせる、延長する

  • pro-「前に、前の」pos「置く」-al「性質」
    前に出す [出る] こと
    【名】提案、プロポーズ

  • pro-「前に、前の」pose「置く」
    前に出す [出る]
    【動】提案する、プロポーズする

  • pro-「前に、前の」pos「置く」-er「人、もの」
    前に出す人 → 前へ前へと発言する人
    【名】提案者

  • pro-「前に、前の」spect「見る」
    時間的に前方 (未来) [視界的に前方] を見る
    【名】見込み、予想、見晴らし、景色

  • pro-「前に、前の」tect「覆う」
    前もって覆いをしておく
    【動】保護する、守る

  • pro-「前に、前の」tect「覆う」-tion「こと」
    前もって覆いをしておくこと
    【名】保護

  • pro-「前に、前の」tect「覆う」-ive「性質」
    前もって覆いをしていくような
    【形】保護する、保護用の

  • pro-「前に、前の」tract「引っぱる」
    未来へ (時間的に前) 引っぱる
    【動】長引かせる

  • pro-「前に、前の」tract「引っぱる」-or「人、もの」
    現在地点から前へ線を引くと角度がわかるもの、未来 (時間的に前) へ引っぱる人
    【名】分度器、長引かせる人

  • pur-「前に、前の」chase「つかみ取る」
    前へ手を伸ばしてつかみ取る
    【動】買う

  • pur-「前に、前の」chase「つかみ取る」-er「人、もの」
    前へ手を伸ばしてつかみ取る人
    【名】購入者

  • pur-「前に、前の」chase「つかみ取る」-ing「こと」
    前へ手を伸ばしてつかみ取ること
    【名】購買、買付、売買

  • pur-「前に、前の」pose「置く」
    達成させるために前におくもの
    【名】目的

  • re-「再び」pro-「前に、前の」duct「導く」-ion「こと」
    前へ前へと再び生み出すこと
    【名】再生産

  • semi-「半分の」pro-「前に、前の」fess「言う」-ion「こと」-al「性質」
    半分の専門職 (=公の前で専門的な内容をはっきりと言えること)
    【形】準専門の、セミプロの

2. 前もって

  • com-「共に」pro-「前もって」mise「送る」
    お互いに約束して (=前もってメッセージを送り伝えておく) よしとする
    【動】妥協する、和解する、【名】妥協、和解

  • pro-「前もって」ject「投げる」
    前に投げつける、目標を設置して進むこと
    【動】投影する、【名】事業計画、プロジェクト

  • pro-「前もって」mise「送る」
    前もってメッセージを送り伝えておく
    【動】約束する

  • pro-「前もって」vince「征服する」
    前もって征服してあるもの → 領地
    【名】州、省、領域

  • pro-「前もって」vince「征服する」-al「性質」
    前もって征服してあるもの+性質 → 領地の
    【形】州の、省の、地方の

3. 代わりの

  • pro-「代わりの」nomen「名前」
    名詞 (=名前) の代わりになるもの
    【名】代名詞
語源とイラストで一気に覚える英単語
語源学習をこれから始める方へ。英単語一つ一つの語源が分解され丁寧に意味が解説されています。200 もの語源が掲載されています。よい入門書です。
© 2017 Takumi Tsunokake お知らせ 反響 参考文献 寄付