A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

接頭辞 ob-, oc-, of-, op- の意味

ラテン語 ob が由来です。ob は toward「その方向へ」を意味します。ob から派生した英単語には obtain や obey があります。obtain は「手に入れる」を意味します。「手に入れる」ためには「その方向」へ手を伸ばします。obey は「従う」を意味します。「従う」とは他者の「方に」ゆだねる様子です。

ラテン語 ob は against「反対の」も意味します。たとえば oppose や opponent がそうです。oppose は「反対する」を意味します。opponent は「敵」を意味します。「敵」とは味方の「反対」です。

ob は様々な「方向」を表すのだと感じ取れます。流れに任せる「方向」なら toward ですし、流れに逆らう「方向」なら against です。

その方向へ

dis-「否定」ob-「その方向へ」edi「聞く」-ent「性質」
人の言うことに耳を傾けない
【形】反抗的な

in-「否定」oc-「その方向へ」cup「つかみ取る」-tion「こと」
つかみ取らないこと
【名】無職

ob-「その方向へ」edi「聞く」-ent「性質」
人の言うことに耳を傾ける
【形】従順な

ob-「その方向へ」ey「聞く」
人の言っていることに耳を傾ける
【動】言うことを聞く、従う

ob-「その方向へ」ject「投げる」
投げ込まれるもの
【名】物体、反対意見

ob-「その方向へ」ject「投げる」-tion「こと」
投げ込まれる意見
【名】異論

ob-「その方向へ」ject「投げる」-ive「性質」
距離をおいて物事 (=投げ込まれるもの) を見る
【形】客観的な

ob-「その方向へ」long「長い」
長く伸びている
【形】横長の、長方形の

ob-「その方向へ」serv「見守る」-able「できる、しうる」-ity「こと」
見守れる度合い
【名】可観測性

ob-「その方向へ」serv「見守る」-able「できる、しうる」
見守れる
【形】観測できる

ob-「その方向へ」serv「見守る」-ate「する」-ion「こと」
見守ること
【名】観測、観察

ob-「その方向へ」serv「見守る」
【動】監視する、観測する

ob-「その方向へ」serv「見守る」-er「人、もの」
見守る人
【名】監視員、観察者

ob-「その方向へ」tain「つかんで離さない」
【動】手に入れる

ob-「その方向へ」tain「つかんで離さない」-able「できる、しうる」
つかんで離さないでおける
【形】手に入れられる

oc-「その方向へ」cup「つかみ取る」-tion「こと」
お金や地位などをつかみ取ること
【名】占領、職業

oc-「その方向へ」cup「つかみ取る」-ed「性質」
どんどんつかみ取られた
【形】占領された

oc-「その方向へ」cup「つかみ取る」-er「人、もの」
どんどんつかみ取る人
【名】占拠者、占領者

oc-「その方向へ」cup「つかみ取る」
どんどんつかみ取る
【動】占める

oc-「その方向へ」cur「走る」
走った先で起きる
【動】起きる、思いつく

oc-「その方向へ」cur「走る」-ence「もの、こと」
走った先で起きること
【名】発生、事件

of-「その方向へ」fer「運ぶ」
神に差し出すいけにえを運ぶ
【動】提供する、申し出る、【名】オファー

ob-「その方向へ」miss「送る」-ion「こと」
見送ったり見落したりすること
【名】省略、怠慢

ob-「その方向へ」mit「送る」
見送ったり見落したりする
【動】除く、〜し忘れる

ob-「その方向へ」port「港」-ity「こと」
港へ風が都合よく運ぶこと
【名】機会、チャンス

un-「否定」oc-「その方向へ」cup「つかみ取る」-ed「性質」
つかみ取られていない
【形】占有されていない、空きの

反対の

ob-「反対の」st「立つ」
反対側の立場にある
【名】障害物、邪魔

op-「反対の」pone「置く」-ent「人、もの」
反対の立場にいる人
【名】敵、対戦相手

op-「反対の」pose「置く」
反対の立場に置く
【動】反対する

op-「反対の」pose「置く」-ed「性質」
反対の立場に置かれた
【形】反対の

op-「反対の」posit「置く」
反対側におく
【形】反対側の

op-「反対の」pose「置く」-tion「こと」
立場を反対におくこと
【名】反対
どんどん話すための瞬間英作文
英文法を習得するカギの一つは、反復練習なのだと気づかされます。中学校で習う文章でも、いざ口に出してみるとできないものです。しっかりと基礎を固めることで文法の理解がスムーズになると思います。