接頭辞 sub-, suf-, sup-, sus-, suc- の意味

ラテン語の sub が由来です。sub は under, below といった「下」を意味します。位置的に「下」であれば「低い位置」を連想できます。

立場として「下」であれば「副司令官」といった役職が連想できます。副司令官は subcommander と表現します。また、sous-chef は「副料理長」という意味です。フランス語の sous が英語へ取り込まれました。sous をさかのぼるとラテン語へ行き着きます。フランス語はラテン語と密接に関わっている言語です。

さらに、「下」がしっかりしているということは、基盤や体制がしっかりしていることを連想させます。そこから「代理の」というイメージへとつなげられます。

1. 下に、下位の

  • in-「否定」suf-「下に、下位の」fic「つくる」-ent「性質」
    つくったものを下に置いて積んでいけるほど余裕がない
    【形】不十分な

  • over-「過度に」suf-「下に、下位の」fic「つくる」-ent「性質」
    つくったものを下に積みすぎてあり余っている
    【形】過剰な

  • sub-「下に、下位の」vene「来る」
    心の奥底から来る → 思い出がよみがえる
    【名】お土産、記念品

  • sub-「下に、下位の」committee「委員会」
    下の階層の委員会
    【名】小 [分科] 委員会

  • sub-「下に、下位の」con-《強意》sci「知る」-ous「性質」
    下の + 意識 (=知っている状態、気づいている状態) → 意識していない
    【形】潜在意識の、ぼんやり意識している

  • sub-「下に、下位の」con-「共に」tinent「保つ、含む」
    下位の + 大陸 (=土地が互いに集まって塊として保たれているもの) → 大陸ではないが比較的大きな島
    【名】亜大陸 (グリーンランドなど)

  • sub-「下に、下位の」con-「共に」tract「引っぱる」
    下位の + 契約 (=お互いに引き寄せ合って合意する) → ツリー構造として下に位置する契約
    【名】下請け契約

  • sub-「下に、下位の」di-「離れて」vis「分ける」
    どんどん小さく分けていく
    【動】小分けにする、再分割する

  • sub-「下に、下位の」e-「外側へ」dit「与える」-or「人、もの」
    立場が下の編集者 (=生み出すために書いたりまとめたりする人)
    【名】編集補佐 (校正・取材など記事編集の補助的な役割をもつ人)

  • sub-「下に、下位の」group「集まり」
    下位の [小さな] 集まり
    【名】下位群、部分群

  • sub-「下に、下位の」head「見出し」
    下位の見出し
    【名】小見出し

  • sub-「下に、下位の」human「人間」
    人間より下位の
    【形】人間以下の、人間としてふさわしくない

  • sub-「下に、下位の」ject「投げる」
    下の立場に置いて制御したり支配する
    【名】主題、主語、被験者、臣下、【動】服従させる、【形】依存する、支配を受ける

  • sub-「下に、下位の」marine「海の」
    海の下の [にある]
    【形】海中の、海底の、【名】潜水艦

  • sub-「下に、下位の」mit「送る」
    支配者の下に送られる、下の立場の人に行動させる
    【動】服従させる、提出する

  • sub-「下に、下位の」scribe「書く」
    書類の下部に署名する
    【動】(新聞や雑誌を) 予約する、定期購読する

  • sub-「下に、下位の」serv「仕える」-ent「性質」
    下に仕える
    【形】従属する、卑屈な

  • sub-「下に、下位の」serv「仕える」-ent「性質」-ly《副詞をつくる》
    下に仕える
    【副】従属的な、卑屈に

  • sub-「下に、下位の」sist「立つ」
    下 (基盤) にしっかり立つ
    【動】存在する、生存する

  • sub-「下に、下位の」st「立つ」-ance「もの、こと」
    下 (基盤) に立つしっかりした存在
    【名】物質、実態

  • sub-「下に、下位の」st「立つ」-ance「もの、こと」-al「性質」
    下 (基盤) に立つしっかりした存在である
    【形】実質的な、根本的な、かなりの

  • sub-「下に、下位の」st「立つ」-ance「もの、こと」-ate「する」
    下 (基盤) に立つようにしっかりさせる。主張をきちんとさせる
    【動】立証する

  • sub-「下に、下位の」st「立つ」
    サブとして立つ。代理として立ち上がる。あとにつづいて立つ。
    【動】代用する、置き換える、【名】代用品、【形】代用の、後任の

  • sub-「下に、下位の」st「立つ」-ed「性質」
    サブとして立った。代理として立ち上がった。
    【形】置換した

  • sub-「下に、下位の」st「立つ」-tion「こと」
    代理 (サブ) として成り立つこと
    【名】代用、置換

  • suc-「下に、下位の」ceed「進む」
    次に続いてうまく事がはこび続ける
    【動】成功する、あとを継ぐ

  • suc-「下に、下位の」cess「進む」
    次に続いてうまく事がはこび続けること
    【名】成功

  • suc-「下に、下位の」cess「進む」-ion「こと」
    次に続くこと
    【名】連続、相続

  • suc-「下に、下位の」cess「進む」-ive「性質」
    次に続く
    【形】連続する、歴代の

  • suc-「下に、下位の」cess「進む」-or「人、もの」
    次に続く人
    【名】後継者

  • suf-「下に、下位の」fer「運ぶ」
    下の立場におかれて支配される
    【動】苦しむ、傷つく、耐える

  • suf-「下に、下位の」fic「つくる」-ent「性質」
    つくったものを下に置いて積んでいけるほど余裕がある
    【形】十分な

  • suf-「下に、下位の」fix「固定する」
    後ろに固定されているもの
    【名】接尾辞

  • sup-「下に、下位の」ple「満たす」-ment「こと」
    ベース (=下) から満たしていくもの
    【名】補給、保管、栄養食品

  • sup-「下に、下位の」ply「満たす」
    ベース (=下) から満たしていく
    【動】供給する

  • sup-「下に、下位の」pose「置く」
    議論などの基礎をおく
    【動】仮定する

  • sup-「下に、下位の」press「押す」
    抑えつける
    【動】抑圧する

  • sus-「下に、下位の」pend「ぶら下げる」
    ちゅうぶらりんにする
    【動】一時停止する

  • sus-「下に、下位の」tain「保つ、含む」
    下でふんばって保つ
    【動】支える、持続する

  • sus-「下に、下位の」tain「保つ、含む」-able「できる」
    下でふんばって保ちつづけられる
    【形】持続できる
一億人の英文法
この本が学校の教科書になれば、たくさんの人が用法の丸暗記による苦しみから開放されると思います。文法を楽しんで学ぶための必読の一冊です!
© 2017 Takumi Tsunokake お知らせ 反響 参考文献 寄付