A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

接頭辞 sub-, suf-, sup-, sus-, suc- の意味

ラテン語の sub が由来の接頭辞です。sub は under や below といった「下」を意味します。sub を語源とする英単語には subway や suppress があります。subway は「地下鉄」を意味する英単語ですが、地下鉄は地面の下にある鉄道です。suppress は「抑圧する」を意味する英単語ですが、抑圧は、下へ押さえつけることです。

ラテン語の sub は時に「代理」を意味します。下がしっかりしている、つまり、基盤がちゃんとしているということは、「代替」するものや、「代理」を用意できる、というように連想されたのかもしれません。

1. 下に

  • in-「否定」suf-「下に」fic「つくる」-ent「性質」
    十分と言えるほど下に積まれていない
    【形】不十分な

  • over-「過度に」suf-「下に」fic「つくる」-ent「性質」
    つくったものを下に積みすぎてあり余っている
    【形】過剰な

  • sub-「下に」vene「来る」
    心の奥底から思い出がよみがえって来ること
    【名】お土産、記念品

  • sub-「下に」committee「委員会」
    下の階層の委員会
    【名】小 [分科] 委員会

  • sub-「下に」con-《強意》sci「知る」-ous「性質」
    意識 (=気づいて知っている状態) の下
    【形】潜在意識の、ぼんやり意識している

  • sub-「下に」con-「共に」tinent「つかんで離さない」
    下位の大陸 (=しっかりと集まり合う土地)
    【名】亜大陸 (グリーンランドなど)

  • sub-「下に」con-「共に」tract「引っぱる」
    下位の契約 (=引き寄せ合って合意すること)
    【名】下請け契約

  • sub-「下に」di-「離れて」vis「分ける」
    どんどん小さく分けていく
    【動】小分けにする、再分割する

  • sub-「下に」e-「外へ」dit「与える」-or「人、もの」
    立場が下の編集者 (=生み出すために書いたりまとめたりする人)
    【名】編集補佐

  • sub-「下に」group「集まり」
    下位の [小さな] 集まり
    【名】下位群、部分群

  • sub-「下に」head「見出し」
    下位の見出し
    【名】小見出し

  • sub-「下に」human「人間」
    人間より下位の
    【形】人間以下の、人間としてふさわしくない

  • sub-「下に」ject「投げる」
    下の立場に置いて制御したり支配する
    【名】主題、主語、被験者、臣下、【動】服従させる、【形】依存する、支配を受ける

  • sub-「下に」marine「海の」
    海の下の
    【形】海中の、海底の、【名】潜水艦

  • sub-「下に」mit「送る」
    支配者の下に送られる、下の立場の人に行動させる
    【動】服従させる、提出する

  • sub-「下に」scribe「書く」
    書類の下に名前を書く
    【動】署名する、新聞や雑誌を予約する、定期購読する

  • sub-「下に」scribe「書く」-tion「こと」
    書類の下に名前を書くこと
    【名】署名、定期購読

  • sub-「下に」serv「仕える」-ent「性質」
    下に仕える
    【形】従属する、卑屈な

  • sub-「下に」serv「仕える」-ent「性質」-ly「のような」
    下に仕える
    【副】従属的な、卑屈に

  • sub-「下に」sist「立つ」
    基盤 (=下) にしっかり立つ
    【動】存在する、生存する

  • sub-「下に」st「立つ」-ance「もの、こと」
    基盤 (=下) にしっかり立つ存在
    【名】物質、実態

  • sub-「下に」st「立つ」-ance「もの、こと」-al「性質」
    基盤 (=下) にしっかり立つ存在の
    【形】実質的な、根本的な、かなりの

  • sub-「下に」st「立つ」-ance「もの、こと」-ate「する」
    地面 (=下) にぐっと腰を据えて立ってきちんと主張する
    【動】立証する

  • sub-「下に」verse「向きを変える」-ion「こと」
    下からひっくり返すこと
    【名】破壊、転覆

  • sub-「下に」way「道」
    【名】地下鉄、地下道

  • suc-「下に」ceed「進む」
    次に続いてうまく事がはこび続ける
    【動】成功する、あとを継ぐ

  • suc-「下に」cess「進む」
    次に続いてうまく事がはこび続けること
    【名】成功

  • suc-「下に」cess「進む」-ion「こと」
    次に続くこと
    【名】連続、相続

  • suc-「下に」cess「進む」-ive「性質」
    次に続く
    【形】連続する、歴代の

  • suc-「下に」cess「進む」-or「人、もの」
    次に続く人
    【名】後継者

  • suf-「下に」fer「運ぶ」
    下の立場におかれて支配される
    【動】苦しむ、傷つく、耐える

  • suf-「下に」fic「つくる」-ent「性質」
    つくったものを下に置いて積んでいけるほど余裕がある
    【形】十分な

  • suf-「下に」fix「固定する」
    後ろに固定されているもの
    【名】接尾辞

  • sup-「下に」ple「満たす」-ment「こと」
    ベース (=下) から満たしていくもの
    【名】補給、保管、栄養食品

  • sup-「下に」ply「満たす」
    ベース (=下) から満たしていく
    【動】供給する

  • sup-「下に」pose「置く」
    議論などの基礎をおく
    【動】仮定する

  • sup-「下に」press「押す」
    抑えつける
    【動】抑圧する

  • sup-「下に」press「押す」-ion「こと」
    抑えつけること
    【名】抑圧、抑制

  • sus-「下に」spect「見る」
    下を向いていたのに思わず見上げてしまうほどの事柄
    【名】容疑者

  • sus-「下に」pend「ぶら下げる」
    ちゅうぶらりんにする
    【動】一時停止する

  • sus-「下に」spect「見る」-ous「性質」
    下を向いていたのに思わず見上げてしまうほど
    【形】疑わしい、怪しい

  • sus-「下に」spect「見る」-ous「性質」-ly「のような」
    下を向いていたのに思わず見上げてしまうほど
    【副】疑わしげに、怪しそうに

  • sus-「下に」tain「つかんで離さない」
    下から支え、ふんばって離れない
    【動】支える、持続する

  • sus-「下に」tain「つかんで離さない」-able「できる、しうる」
    下から支え、ふんばって離れない
    【形】持続できる

2. 代理

  • sub-「代理」st「立つ」
    代理として立ち上がる
    【動】代用する、置き換える、【名】代用品、【形】代用の、後任の

  • sub-「代理」st「立つ」-ed「性質」
    代理として成り立つ
    【形】置換した

  • sub-「代理」st「立つ」-tion「こと」
    代理として成り立つこと
    【名】代用、置換
一億人の英文法
この本を読めば、きっと文法の丸暗記から開放されると思います。イラストをまじえて文法をたのしみながら学べる必読の一冊です。
お知らせ 反響 謝辞 参考資料 注意事項
© 2009 - 2018 Takumi Tsunokake