A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

英単語 subject の意味

sub-「下に」ject「投げる」
下の立場に投げる・投げられる→従える・従う、下に投げる→根底に置くもの
【名】主語、主題、被験者、臣下、【動】服従させる、【形】依存する、支配を受ける

ひとことメモ

subject は「従える」ことがあれば「従う」ことがあります。「主語」は文の主役なので、文の内容を「従え」ます。「被験者」は医師の指示に「従い」ます。「臣下」は君主に「従い」ます。

ヒュポケイメノン (hupokeimenon) という言葉の影響で、「根底に置くもの」から「主語」や「主題」となったとされます。

subject には「従える」と「従う」の二重の性質があると思えます。subject の名詞である subjection は、「征服」と「服従」の両方を意味があります。また、subject と親戚の言葉にフランス語 sujet があり、これも同じような性質を持ちます。sujet を含むフランス語には assujettissement (アシュジェティスマン) があります。これはフランスの哲学者ミシェル・フーコーが「主体的に服従する性質」を表現した言葉です。「主体的」であり「服従」するという、「従える」と「従う」を共存させた言葉です。

The timetable of the buses is subject to change. この英文は「バスの時刻表は変更されることがある」を意味します。時刻表の内容は変更に「従い」ます。ここでの subject は形容詞として使われています。

同じ語源の英単語

ab-「離れた」ject「投げる」-ion「こと、もの」
投げ捨てて突き離すこと
【名】卑劣さ

inter-「間の」ject「投げる」-ion「こと、もの」
会話の間に投げ込むもの
【名】間投詞

sug-「下に」gest「運ぶ」-ive「のような」-ly「のように」
心の奥底から案を運び上げるように
【副】示唆的に、意味ありげに、思わせぶりに

sup-「下に」pose「置く」-ed「のような」
心の奥底に思いを置くような
【形】仮定する、(be supposed to で) することになっている

sus-「下に」spect「見る」-ous「のような」
心の奥底では疑って見ているような
【形】疑わしい、怪しい