A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

英単語 sophomore の意味

sophy「賢さ」moros「ばか」
要領を得てきたが未熟さも残るさま
【名】二年生、二年目

ひとことメモ

sophomore の由来は紆余曲折していて歯ごたえがあります。sophomore の元々のつづりは sophumer で、「弁証者」を意味していました。弁証者とは「弁論や議論を交わす人」です。由来が同じ英単語に sophist「ソフィスト」があります。ソフィストは「弁論を教える先生」を意味します。

16 世紀のケンブリッジ大学にさかのぼります。ケンブリッジ大学では二年生から弁論を習いました。その影響で「弁証者」を意味していた sophumer は「二年生」を意味するようになりました。さらに 18 世紀になって、ギリシャ語の sophy「賢さ」と moros「ばか」のつづりに影響されて今のつづりである sophomore となったようです。つづりを変えた当時の背景に、「一年目に比べたら二年目は要領を得ているが、未熟だ」といった意図があったのでしょうか。たまたま語呂がよかったのでしょうか。想像がふくらみます。

同じ語源の英単語

moros「ばか」
【名】ばか

philo-「愛」sophy「知」-er「人、もの」
知を愛する人
【名】哲学者

sophi「賢さ」-ist「専門家」
賢い人
【名】学者、ソフィスト、詭弁家

sophi「賢さ」-ist「人」-ate「する」
賢い人の技術のさま
【動】洗練させる

theo「神」sophy「知」
神を知る学問
【名】神知学
イメージと語源でよくわかる 似ている英単語使い分けBOOK
hear と listen、どちらも「聞く」ですが、「聞きかた」が異なります。似ているけど違う英単語を、イラストや語源で解説されています。