A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

接頭辞 un- の意味

ラテン語 in- が由来です。in- は not「否定」を意味します。さらにさかのぼると、印欧祖語 ne- へたどりつきます。英語の接頭辞 in-「否定」と同じ語源です。

1. 否定

  • un-「否定」com-「共に」ply「折る」-ate「する」-ed「性質」
    折り重なって入り組んでいない
    【形】複雑でない

  • un-「否定」con-《強意》sci「知る」-ous「性質」
    知らない、気づいていない
    【形】意識のない、自覚していない

  • un-「否定」con-《強意》sci「知る」-ous「性質」-ly「のような」
    知らずに、気づかずに
    【副】意識せず、自覚せず

  • un-「否定」con-《強意》sci「知る」-ous「性質」-ness「こと」
    知らない状態、気づいていない状態
    【名】無意識

  • un-「否定」fact「つくる」-ion「こと」-able「できる」
    ファッション (=つくり上げるもの) の性質がない
    【形】時代遅れの

  • un-「否定」fix「固定する」
    固定していたものを緩める
    【動】緩める、解く

  • un-「否定」happy「幸せ」
    幸せでない
    【形】不幸な

  • un-「否定」in-「否定」jure「正しさ」-ed「性質」
    正しくないことをされていない
    【形】無傷の

  • un-「否定」join「繋げる」
    繋がっていたものを外す
    【動】分離する

  • un-「否定」know「知る」
    知られていない
    【形】未知の

  • un-「否定」oc-「その方向へ」cup「つかみ取る」-ed「性質」
    つかみ取られていない
    【形】占有されていない、空きの

  • un-「否定」paid「支払い済みの、有給の」
    支払い済みでない、有給でない
    【形】未払いの、無給の

  • un-「否定」tange「触れる」-able「できる」
    【形】触れてはいけない
英文法をこわす 感覚による再構築
英文法の本質は「イメージ」です。英文法は、用法という機械的なものではなく、感覚という人間らしいものであると、本書を読めば感じ取れるはずです。英文法の丸暗記に苦しんだすべての方に読んでいただきたい一冊です。
お知らせ 反響 謝辞 参考文献 注意事項
© 2009 - 2017 Takumi Tsunokake