第 2 話 company の絆

英単語はバラバラにできる

ねこさん にぼしおいしかったよ。
あかり それはよかったわ。
ねこさん なんの話だっけ。
あかり company の話よ。
ねこさん そうだったね。そもそもね。英単語ってバラバラにできるんだ。
あかり バラバラに?
ねこさん そう。たとえば company は、com と pan と y といった具合にね。
あかり カム、パン、イー。そんなふうに分けられるのね。知らなかったわ。
ねこさん これを「語源」と呼ぶんだ。
あかり ごげん。
ねこさん ひとつひとつの語源には意味があるんだ。
あかり そうなの。
ねこさん たとえば com は「一緒に」という意味があるよ。
あかり 一緒に。
ねこさん たとえばコンビネーションって combination って書くんだけど、これにも com が入ってるよ。
あかり コンビネーションって、漫才とかのコンビのこと?
ねこさん そうそう。
あかり ふーん。…あ!
ねこさん わかってきた?
あかり なんとなくね。コンビって二人でやるものでしょ。「一緒に」やるものだわ。
ねこさん そのとおり! あかりにしては察しがいいね。
あかり えへへ。ピンとくるとたのしいわね。あと余計なことを言われた気はするけどまあいいわ。
ねこさん com が入っている英単語は他にも communication があるよ。
あかり そっか。コミュニケーションも「一緒に」やるものね。一人ではできないわ。
ねこさん そうそう。その調子。
あかり おもしろいわ。
ねこさん それはよかった。
あかり ところで company の com はわかったけど、pan はなんなの。まさか「あんぱん」のパンじゃないでしょ。
ねこさん おや。するどいな。pan は「あんぱん」のパンだよ。
あかり え! そうなの!

pan は、あの「パン」

あかり あんぱんってどういうことよ。
ねこさん そのまんまの意味だよ。
あかり pan はパンってことなの。
ねこさん そうだよ。
あかり でも company の意味は「会社」でしょ。パンっぽくないわ。
ねこさん com は「一緒」で、pan は「パン」だったね。合わせて「一緒にパンを食べる」って考えてみたらどうかな。
あかり 「同じ釜の飯を食う」みたいな感じかしら。
ねこさん ああ。いいたとえだね。同じ釜のご飯を食べている光景は「仲間」を連想させるね。
あかり company は「仲間」ってことなの。
ねこさん そのとおり。
あかり 仲間かあ。
ねこさん 言ってみれば「会社」は、事業を一緒にやる仲間が集まる場所だよね。
あかり うんうん。まだ働いたことないけど。
ねこさん ちなみに company には「仲間」という意味があるよ。
あかり え! そうなの。
ねこさん たとえば相手に "You are good company." と言ったらどんな意味になると思う?
あかり 人に向けて「君はいい会社だね」とは言わないわね。
ねこさん そういうこと。ここでの good company は「いい仲間」を意味するわけだ。
あかり じゃあ、「君はいい仲間だね」ってこと?
ねこさん そのとおり。company の意味は「会社」だけだと思い込んでいると、この英文は読み解けないのさ。
あかり それよそれ。英語って、同じ単語なのに別の意味があることが多くて嫌になるわ。
ねこさん ついあきらめて丸暗記しかないってなっちゃうよね。
あかり でも、根っこの部分でつながっているのね。
ねこさん そう。「仲間」という根っこを知っていれば、いっけん別に見える意味が頭にすっと入るわけだ。
あかり すごいわ。ちなみに、company の最後の y はどんな意味なの?
ねこさん y はちょっと特別で、最後にくっついて名詞をつくるはたらきがあるんだ。
あかり 名詞にするの。
ねこさん そうだね。たとえば victory は「勝利」を意味する名詞だけど、これの最後にも y が入っているよ。
あかり ほんとね。わかったわ。

ヨーロッパの歴史との意外な関係

ねこさん company はまだまだおもしろい英単語なんだ。
あかり なになに?
ねこさん company は、「一緒にパンを食べる」ことから「仲間」だったよね。
あかり ええ。
ねこさん 大航海時代って知ってるかい。
あかり 海へ旅に出たのよね。
ねこさん そう。ヨーロッパの人々がアジア、アメリカ、アフリカへ船を出したんだ。15 世紀から 200 年ほど続いた時代さ。
あかり いろんなものを探しに行ったのね。
ねこさん そうだね。大航海時代は英語でいうと The Age of Discovery だから、文字どおり発見を求めに出たわけだ。
あかり ふむふむ。
ねこさん 当時の航海はとても危険だったんだ。食べものはいつ尽きるかわからないし、航海は一年を超えることがあった。
あかり 想像もしたくないわ。
ねこさん 船員たちは危険を共にする仲間だった。そんな彼ら船員のことを、当時は company と呼んでいたんだ。
あかり company って仲間のつながりが本当につよい言葉なのね。
ねこさん そうなんだ。company は「貿易商」や「軍隊」の意味でも使われてきたんだ。
あかり ますますつながりを感じるわ。
ねこさん company にたしかにある「絆」は時代を経ても継がれているのだろうね。
あかり なんだか壮大な話になってきたわね。
ねこさん 語源は断言できないことが多いのだけれど、もしかしたらそうかもしれないと思って、色々と調べてみることもたのしいと思うよ。
あかり そうね。ふだんの意識が変わりそうだわ。
ねこさん 英単語を語源で学ぶと歴史を知ることにもつながるんだ。にぼしを噛めば噛むほど味が出てくるように、語源を知れば知るほどいろいろなことが見えてくるんだ。
あかり ちょっと。よだれが出てるわよ。

みちくさ

次のおはなし

しばらくお待ちください。

目次

  • 第 1 話 英語を学ばないといけなくなった!
  • 第 2 話 company の絆
  • 第 3 話 animator は絵に魂を込める人
  • 第 4 話 education と教育
  • 第 5 話 fact はつくる
  • 第 6 話 book は書き残す
  • 第 7 話 system とは何か
  • 第 8 話 host は見知らぬ人
  • 第 9 話 aster は星
  • 第 10 話 program は前もって描くもの
  • 第 11 話 fin は終わり
  • 第 12 話 advertisement は視線を動かす
  • 第 13 話 数を表す語源
  • 第 14 話 いろいろな色の語源
  • 第 15 話 よく出る語源
  • 第 16 話 英語の歴史
  • 第 17 話 語源と発音
  • 第 18 話 語源と文法
  • 第 19 話 そもそもを考える
←『ねこさんと語源のものがたり』トップへ戻る

お知らせ

【2020/07/11】50 語の単語を追加して合計 2,450 語になりました。


【2020/04/14】岐阜大学の Reading の教科書に Gogengo! を掲載いただきました。


【2020/03/21】2020 年度『ラジオ英会話』の語源コラムを担当しています。

語源のつぶやき