第 3 話 book は「書き残す」

book の複数ある意味

ねこさん あかりは何が好きなの?
あかり 絵を描くのが好きよ。
ねこさん そうなんだ。
あかり 好きな作家さんの画集を読んだりするわ。
ねこさん 素敵だね。
あかり ずっと読んでて飽きないわ。
ねこさん そうだ。画集で思い出した。
あかり なあに。
ねこさん 「本」って英語で何て言うかわかる?
あかり book でしょ。
ねこさん 正解。やるじゃないか。
あかり それくらいならわかるわよ。
ねこさん book の名詞の意味は「本」だよね。
あかり そうね。
ねこさん じゃあ、book の動詞の意味は?
あかり え?
ねこさん さあさあ。
あかり えーっと。
ねこさん あと 10 秒ね。
あかり ちょ。ちょっと待って。ここまで来てるの。
ねこさん 3、2、1、はい。時間切れ。
あかり あ! 思い出した! 「予約する」ね。
ねこさん おお。正解。
あかり 急には出てこないわね。
ねこさん たいしたものだよ。
あかり そういえば。book って少し嫌な思い出があるのよね。
ねこさん そうなの。
あかり 最初は book は「本」って覚えてたの。
ねこさん うん。
あかり ある日、「予約する」って意味もあるって知って、「えっ」ってなったの。
ねこさん ふむ。
あかり だって、意味がぜんぜん違うじゃない。
ねこさん たしかにね。
あかり そういうのが積み重なって、英語が苦手になった気がするわ。
ねこさん そうかあ。
あかり 語源で何とかなったらいいのにね。
ねこさん 何とかなるんだなあ。
あかり え! ほんと!
Nekosan easy book@2x

なぜ book は「予約する」を意味するのか

ねこさん book の語源は「書き残す」なんだ。
あかり 書き残す。
ねこさん 「書き残されたもの」でもいいよ。
あかり 「本」は…「書き残されたもの」よね。
ねこさん そうそう。
あかり じゃあ。「予約する」は?
ねこさん レストランへ行ったら混んでたとするじゃない。
あかり え? うん。
ねこさん 「ここに名前を書いてください」っていう紙が置いてあるのを見たことない?
あかり あ。そういう所あるわ。
ねこさん そこに名前を書き残すよね。
あかり 書き残すわ。
ねこさん それって、レストランの席を「予約する」行為だよね。
あかり あれ。そうね。
ねこさん そういうことだよ。
あかり え。そういうことなの?
ねこさん 旅館に泊まる時とかもそうだよ。
あかり 旅館?
ねこさん 予約するなら、名前を書き残す必要があるでしょう。
あかり そういうこと?
ねこさん そういうこと。
あかり わかったような。わからないような。
ねこさん book にはほかにも「記帳する」って意味があるんだ。
あかり きちょう?
ねこさん 商売の取引を記録することだね。つまり、お金をいつ、誰からもらって、誰に渡したかを書き残すことだ。
あかり あ。お父さんがそんなことやってたような。
ねこさん それも「書き残す」ことが関係しているんだ。
あかり お金のやりとりを書き残してるってことね。
ねこさん そういうこと。本は「書き残されたもの」だし、「予約する」ことは「名前を書き残す」ことだし、「記帳する」ことは「お金のやりとりを書き残す」ことだ。
あかり なんだか、わかった気になってきたけど、まだ気持ちがふわふわしてるわ。
ねこさん 最初のうちは、とまどうかもね。
あかり 違った意味に見えても、もとをたどれば一緒ってことよね。
ねこさん そうそう。
あかり おどろきが大きいかも。
ねこさん そもそものことを考えてみよう。
あかり そもそも?
ねこさん そもそも、言葉って、人が考えたわけさ。
あかり それはそうね。
ねこさん だったら、book っていう一つのつづりに、まったく違う意味をたくさん持たせるなんて、ややこしいことすると思うかい?
あかり もしわたしが言葉をつくるなら、しないと思うわ。
ねこさん そうでしょう。そういうことさ。
あかり 何だか、語源って、言葉をつくった人の気持ちみたいね。
ねこさん いいことを言うね。
あかり なんでそういう意味にしたのか。その心になっているのが語源、みたいな。うまく言えないけど。
ねこさん 言葉は人に気持ちを伝えるためにつくられたものさ。どうやって気持ちを伝えるか、どう表現すると気持ちが伝わるか。そういったことを一生懸命考えて、考え抜かれて、凝縮されたものが言葉なんだ。
あかり いいこと言うわね。
ねこさん あかりほどじゃないけどね。
あかり なによそれ。
Nekosan hundred@2x

なぜ book は「書き残す」なのか

ねこさん ちなみに、なぜ book が「書き残す」を意味するかというとね。
あかり ええ。
ねこさん book の語源をさらにたどると、「ブナの木」を意味するんだ。
あかり ブナの木?
ねこさん そう。昔の人はブナの木に文字を「書き残した」ことに由来するようだよ。
あかり そうなのね。
ねこさん あまたある木の中でも、ブナの木なのは面白いね。
あかり きっと昔の人にとって、文字を「書き残す」のに身近な存在だったのね。

book の例文

ねこさん 最後に book が入った英文を紹介しよう。
あかり おしえて。
ねこさん Tom is in Mary's good books. はどんな意味だと思う?
あかり えーと。「トムはメアリーのよい本の中にいる」?
ねこさん そのとおり。
あかり でも、変な日本語ね。
ねこさん book の語源は「書き残す」だったね。
あかり ええ。
ねこさん じゃあ、「書き残す」ととらえてみるとどうだろう。
あかり えーと。「トムはメアリーによく書き残されている」。
ねこさん そうだね。
あかり なんだか少し自然になったような。
ねこさん この英文はね、「トムはメアリーのお気に入りさ」という意味なんだ。
あかり あっ。そういうことなのね。
ねこさん 心に「よく書き残されている」ということは「お気に入り」ということだね。
あかり なんだか素敵な表現ね。

みちくさ

次のおはなしを聞く前に少しみちくさをしてみましょう。

次のおはなし

お知らせ

【2021/9/18】英単語の掲載数が 3,900 語になりました。


【2021/9/9】英単語の掲載数が 3,800 語になりました。


【2021/8/23】英単語の掲載数が 3,700 語になりました。『ねこさんの英語の語源ものがたり』に system、host、aster のお話を追加しました。

語源のつぶやき