A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

英単語一覧

re-「再び」vive「生きる」
命を吹きかえす
【動】復活する

re-「再び」voc「呼ぶ」-able「できる、しうる」
呼び戻して元に戻せる
【形】取り消しできる

re-「再び」voc「呼ぶ」-tion「こと、もの」
呼び戻して元に戻すこと
【名】取り消し、撤回

re-「後ろへ」vok「呼ぶ」
呼び戻す
【動】取り消す

re-「後ろへ」volt「回転する」
巻き戻すように反対の立場をとる
【動】反逆する

re-「後ろへ」volve「回転する」-tion「こと、もの」
巻き戻すこと、権力や組織をかき回してひっくり返すこと
【名】革命

re-「後ろへ」volve「回転する」-able「できる、しうる」
巻き戻せる
【形】回転できる

re-「後ろへ」volve「回転する」
巻き戻す
【動】回転する、循環する

re-「後ろへ」volve「回転する」-er「人、もの」
巻き戻すもの
【名】リボルバー

re-「強意」ware「気を払う」
気を払い続けて得られるもの
【名】報酬、【動】報酬を払う

reg「まっすぐな」
まっすぐな強い力
【形】豊かな

reg「まっすぐな」
【形】ただしい、【名】右

reg「まっすぐな」-ful「満たされている性質」
ただしさで満たされている
【形】正当な

reg「まっすぐな」-ly「のような」
【副】ただしく

reg「まっすぐな」
【形】厳格な、硬性の

reg「まっすぐな」-ous「性質」
かたくなにまっすぐな
【形】厳格な、厳密な

reg「まっすぐな」-ous「性質」-ly「のような」
かたくなにまっすぐな
【副】厳格に、厳密に

roll「回転する」
巻く、巻いた紙に名前を書き残す
【動】転がす、巻く、【名】名簿

roll「回転する」-ed「性質」
【形】巻かれた、ローラーで押しつぶされた

roll「回転する」-er「人、もの」
転がすもの
【名】ローラー

roll「回転する」-ing「こと、もの」
【形】回転する、揺れる、うねる、【名】回転すること

ret「回転する」-ary「もの」
回転するもの、円の形のもの
【名】回転、環状交差点、ロータリー

ret「回転する」-ate「する」
【動】回転する、回転させる

ret「回転する」-ate「する」-ing「こと、もの」
【形】回転式の、交代制の

ret「回転する」-ate「する」-ion「こと、もの」
【名】回転、循環、交代

rub「赤」
【名】口紅

rect「導く」
導く存在の
【形】国王の

rect「導く」
導く存在
【名】王族、権力、印税、特許料

rub「赤」
紅斑が発生する病気
【名】はしか、風疹

rub「赤」
【名】ルビー

rect「まっすぐな」
まっすぐ決められたもの
【名】ルール、規則、【動】統治する

saccharon「砂糖」meter「測定器」
糖度を測る機器
【名】検糖計、サッカリメーター

saccharon「砂糖」-in「化学物質」
砂糖の性質がある物質
【名】サッカリン

saccharon「砂糖」-ine「化学物質」
砂糖の性質がある
【形】砂糖の、サッカリンの

sacr「神聖な」fic「する」
神聖な儀式をする
【名】いけにえ、犠牲、【動】ささげる

sacr「神聖な」fic「する」-al「性質」
神聖な儀式の
【形】いけにえの、犠牲の

sal「塩」
塩味のあるもの
【名】サラダ

sal「塩」
塩味のあるもの
【名】サラミ

sal「塩」
古代ローマでは、兵士は塩を買うために給料を得ていた
【名】給料

sal「塩」
【名】塩

satis「十分な」fact「つくる」-ion「こと、もの」
十分な量をつくること
【名】満足

satis「十分な」fy「つくる」
十分な量をつくる
【動】満足させる

sal「塩」
塩味のあるもの
【名】ソース

sal「塩」
塩味のあるもの
【名】ソーセージ

sci「知る」-ence「もの、こと」
事象を知ること
【名】科学

sci「知る」-ence「もの、こと」fic「つくる」
事象を知る
【形】科学的な

sci「知る」-ence「もの、こと」-ist「専門家」
事象を知る専門家
【名】科学者

cis「切る」-or「人、もの」
【名】はさみ

spect「見る」
見える景色
【名】範囲、領域

scoru「20 の集まり」
昔のヨーロッパでは 20 ごとに印を残していた
【名】スコア、点数、20 の集まり、【動】点を取る、成功や勝利を収める
1,851 〜 1,900 件を表示 (全 2,300 件)
日本語文法の謎を解く―「ある」日本語と「する」英語
「日本語のように英語にも主語はなかった」という驚きの切り口です。英語の歴史を知ると文法への意識が変わります。英語と日本語の文法の構造の違いが図解されています。