A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

I から始まる英単語

in-「中へ」scribe「書く」
力を込めて中に書き刻む
【動】石碑などに文字を彫り刻む

in-「中へ」sect「切る」
切り込みがあるもの
【名】昆虫

in-「否定」se-「離れて」cure「気遣い」
心配ごとから離れられない
【形】不安な、不安定な

in-「上に」sist「立つ」
自分の意見の上にしっかりと立ち、そこを譲らない
【動】主張する

in-「中へ」spect「見る」
内部まで念入りに見る
【動】検査する

in-「中へ」spect「見る」-ion「こと、もの」
内部まで念入りに見ること
【名】調査、検査

in-「中へ」st「立つ」
仕組みを中に成り立たせる
【動】設置する、導入する、インストールする

in-「中へ」st「立つ」-tion「こと、もの」
仕組みを中に成り立たせる
【名】設置、導入、インストール

in-「その方向へ」st「立つ」-ance「もの、こと」
そばに立ち存在する
【名】実例、〈コンピューター〉インスタンス

in-「その方向へ」st「立つ」
そばに立ってすぐに役立つよう準備している
【形】すぐの、インスタントの

in-「その方向へ」st「立つ」
そばに立ってすぐに役立つよう準備している
【副】〈法律〉即刻

in-「その方向へ」st「立つ」-ance「もの、こと」-ate「する」
そこに立たせ存在させる
【動】実例をあげて説明する、〈コンピュータ〉インスタンス化する

in-「上に」st「立つ」
立てること
【動】設ける、導入する

in-「上に」st「立つ」-tion「こと、もの」
立てられたもの
【名】協会、機関、設立

in-「否定」suf-「下に」fic「つくる」-ent「性質」
十分と言えるほど下に積まれていない
【形】不十分な

in-「その状態にする」sure「確実な」-ance「もの、こと」
確実にすると断言すること
【名】保険

in-「否定」tange「触れる」-ible「できる、しうる」
【形】触れられない、とらえどころのない

in-「その方向へ」tend「伸ばす」
欲しいものに手を伸ばす
【動】やろうとする、意図する

in-「その方向へ」tens「伸ばす」
得ようと必死に手を伸ばしている
【形】激しい

in-「その方向へ」tens「伸ばす」-ive「性質」
得ようと手を伸ばして力が一点に集中している
【形】激しい、集中した

inter-「間の」act「行為」
お互いに作用し合う
【動】相互に作用する

inter-「間の」act「行為」-ion「こと、もの」
お互いに作用し合うこと
【名】相互作用

inter-「間の」act「行為」-ive「性質」
お互いに作用し合う
【形】相互作用の、対話型の

inter-「間の」bredan「生み出す」
異種間で交配させる
【動】異種交配させる

inter-「間の」cept「つかみ取る」
途中でつかみ取る
【動】横取りする、傍受する、妨害する

inter-「間の」cept「つかみ取る」-ion「こと、もの」
途中でつかみ取ること
【名】横取り、傍受

inter-「間の」change「変える」
入れ替える
【動】交換する、【名】インターチェンジ

inter-「間の」com-「共に」mun「変わる」-ate「する」-ion「こと、もの」
お互いの認識を変えること
【名】相互連絡

inter-「間の」con-「共に」nect「結びつける」
相互に接続する
【動】相互に接続する、相互に連絡する

inter-「間の」con-「共に」nect「結びつける」-ed「性質」
相互に接続した
【形】相互接続した

inter-「間の」con-「共に」nect「結びつける」-ion「こと、もの」
相互に接続すること
【名】相互接続

inter-「間の」con-「共に」tinent「つかんで離さない」-al「性質」
離れず集まり合う大地の間の
【形】大陸間の、大陸横断の

inter-「間の」con-「共に」tinent「つかんで離さない」-al「性質」-ly「のような」
離れず集まり合う大地の間に
【副】大陸間に

inter-「間の」cult「耕す」-ure「こと」-al「性質」
お互いの文化 (=耕し育むもの) が関わりあう
【形】異文化間の

inter-「間の」de-「下へ」pend「ぶら下げる」-ent「性質」
ぶら下がり合う
【形】相互依存の

inter-「間の」est「存在する」
物事 (=存在) の間に入り込んで知ろうとする
【動】興味をもたせる

inter-「間の」est「存在する」
物事 (=存在) の間に入り込んで知ろうとする
【形】興味深い

inter-「間の」ethn「民族」-ic「性質」
お互いの民族が関わりあう
【形】異民族間の

inter-「間の」face「面」
何かと何かの間をつなぐ面
【名】境界面、インターフェイス

inter-「間の」ject「投げる」
何かをしている間に別の何かを投げ入れる
【動】人の会話の途中で質問などを差し挟む

inter-「間の」linea「線」
行の間に何かを入れる
【動】行間に書き入れる

inter-「間の」miss「送る」-ion「こと、もの」
何かの間に別の何かを送り込むこと
【名】休憩時間、コマーシャル

inter-「間の」mit「送る」
物事の途中に別物を送って割り込む
【動】一時中断する

inter-「間の」mit「送る」
物事の途中に別のものが送られて割り込みの多い
【形】断続的な、とぎれとぎれの

inter-「間の」nat「生まれる」-ion「こと、もの」-al「性質」
お互いの国家 (=生まれる場) が関わりあう
【形】国家間の、国際的な

inter-「間の」nat「生まれる」-ion「こと、もの」-al「性質」-ize「する」-tion「こと、もの」
お互いの国家 (=生まれる場) が関わるようにすること
【名】国際化

inter-「間の」nat「生まれる」-ion「こと、もの」-al「性質」-ize「する」
お互いの国家 (=生まれる場) が関わるようにする
【動】国際化する

inter-「間の」nat「生まれる」-ion「こと、もの」-al「性質」-ly「のような」
お互いの国家 (=生まれる場) が関わりあう
【副】国際間で、国際的に

inter-「間の」phone「音」
ある内部間で音を伝えるもの
【名】内部電話、インターホン

inter-「間の」re-「再び」latus「生む」-ed「性質」
お互いに関わり生み合う
【形】相関の、密接に関係する
101 〜 150 件を表示 (全 172 件)
日本語文法の謎を解く―「ある」日本語と「する」英語
「日本語のように英語にも主語はなかった」という驚きの切り口です。英語の歴史を知ると文法への意識が変わります。英語と日本語の文法の構造の違いが図解されています。