A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

U から始まる英単語

uni-「1 つの」
【名】単位、単元

uni-「1 つの」-able「できる、しうる」
1 つにできるような
【形】結合可能な

uni-「1 つの」-ity「こと」
1 つであること
【名】単一性、一致

uni-「1 つの」verse「向きを変える」-al「のような」
すべてが一箇所に集まるような、すべてに当てはまるような
【形】世界中の、宇宙の、普遍の

uni-「1 つの」verse「向きを変える」
すべてが一箇所に集まるもの
【名】宇宙、全世界

uni-「1 つの」verse「向きを変える」-ity「こと」
学びが一箇所に集まる場
【名】総合大学

un-「反転」join「繋げる」
繋がっていたものを外す
【動】分離する

un-「否定」just「ただしさ」
ただしくないような
【形】不公平な、不当な

un-「否定」know「知る」
知られていないような
【形】未知の

un-「否定」law「法」-ful「満たされたような」
法で満たされていないような
【形】違法の

un-「否定」law「法」-ful「満たされたような」-ly「のように」
法で満たされていないように
【副】違法に

un-「否定」like「似ている」
【形】似ていない、【前】〜とは違い

un-「否定」moun「積み重ねる」-ed「のような」
積み重ねられていないような
【形】取り付けられていない、搭載されていない

un-「否定」oc-「その方向へ」cup「つかみ取る」-ed「のような」
つかみ取られていないような
【形】占有されていない、空きの

un-「否定」ope「はたらく」fic「する」-al「のような」
公でない場所で働くような
【形】非公式の

un-「否定」ope「はたらく」fic「する」-al「のような」-ly「のように」
公でない場所で働いているように
【副】非公式に

un-「否定」pay「支払う」
支払い済みでないような
【形】未払いの、無給の

un-「否定」pre-「前に」cede「進む」-ent「のような」-ed「のような」
以前に進んだことのないような
【形】前例のない

un-「否定」pre-「前もって」dict「話す」-able「できる、しうる」
発生することを事前に話せないような
【形】予測できない

un-「否定」real「現実」
現実でないような
【形】非現実的な

un-「否定」re-「後ろへ」latus「運ぶ」-ed「のような」
知らせる (=持ち帰る) 間柄でないような
【形】関係がない

un-「否定」re-「後ろへ」st「立つ」
せわしさの後ろへ立ち退けないこと
【名】不安、騒動

un-「否定」re-「後ろへ」st「立つ」-ful「満たされたような」
せわしさの後ろへ立ち退けていないような
【形】心が安まらない

un-「否定」sophi「賢さ」-ist「人」-ate「する」-ed「のような」
賢くない人がもつ技術のような
【形】洗練されていない、経験が浅い

un-「否定」st「立つ」-able「できる、しうる」
立ったままでいられないような
【形】不安定な

un-「否定」suc-「下に」cess「進む」-ful「満たされたような」
あとに続きたくならないような
【形】失敗した

un-「否定」syn-「ともに」chrono「時の」-ize「する」-ed「のような」
同じ時刻に起きないような
【形】バラバラな

un-「否定」ten「伸ばす」-able「できる、しうる」
手を伸ばしてつかみ続けられないような
【形】耐えられない、支持できない

un-「否定」touch「触れる」-able「できる、しうる」
触れられないような
【形】触れてはいけない

un-「否定」vacca「牛」-ate「する」-ed「のような」
ワクチン (=牛からつくったもの) を体内に入れていないような
【形】ワクチン接種を受けていない

un-「否定」veil「覆う」
覆いを取る
【動】発表する、明らかにする

un-「否定」veil「覆う」-ed「のような」
覆いを取られたような
【形】公表された

un-「否定」will「望み」-ing「のような」
望まないような
【形】気の進まない

un-「否定」will「望み」-ing「のような」-ness「こと」
望まないこと
【名】気が進まないこと

use
use「使う」
【動】使う、利用する

use「使う」-ed「のような」
使われたような
【形】使われた

use「使う」-er「人、もの」
使う人
【名】利用者、ユーザー

use「使う」-al「のような」
いつも使うような
【形】通常の

use「使う」-al「のような」-ity「こと」
いつも使うこと
【名】ありふれた出来事

use「使う」-al「のような」-ly「のように」
いつも使うように
【副】通常、一般に
51 〜 90 件を表示 (全 90 件)