A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

よく出る語源【接尾辞】

語源には、よく出るものとそうでないものがあります。よく出る語源から学ぶと手っ取り早いです。出てくる英単語の多い順に接尾辞を並べた表は次のとおりです。掲載する 43 語 の接尾辞と 2300 語の英単語を分析したものです。

順位 接尾辞のつづり 接尾辞の意味 出てくる英単語数
1 位 -ion, -tion こと、もの 261 語 (17.03 %)
2 位 -ate する 172 語 (11.22 %)
3 位 -al 性質 135 語 (8.81 %)
4 位 -able, -ible できる、しうる 105 語 (6.85 %)
5 位 -or, -er 人、もの 95 語 (6.20 %)
6 位 -ly のような、ごとの 73 語 (4.76 %)
7 位 -ent, -ant 人、もの、性質 68 語 (4.44 %)
8 位 -ed 性質 61 語 (3.98 %)
9 位 -ive 性質 60 語 (3.91 %)
10 位 -ity こと 52 語 (3.39 %)
11 位 -ance, -ence もの、こと 48 語 (3.13 %)
12 位 -ic 性質 41 語 (2.67 %)
13 位 -ize, -ise する 34 語 (2.22 %)
14 位 -ous 性質 33 語 (2.15 %)
15 位 -ing こと、もの 29 語 (1.89 %)
16 位 -y, -cy こと 26 語 (1.70 %)
17 位 -ist 専門家、主義者、人 26 語 (1.70 %)
18 位 -ture, -ure こと 25 語 (1.63 %)
19 位 -logy 学問 25 語 (1.63 %)
20 位 -ment こと 19 語 (1.24 %)
21 位 -ful 満たされている性質 13 語 (0.85 %)
22 位 -ism 主義、主張 12 語 (0.78 %)
23 位 -ary もの 10 語 (0.65 %)
24 位 -age こと 9 語 (0.59 %)
25 位 -en する 9 語 (0.59 %)
26 位 -ar のような 9 語 (0.59 %)
27 位 -hedron 面体 9 語 (0.59 %)
28 位 -less 〜がない 7 語 (0.46 %)
29 位 -ness こと 7 語 (0.46 %)
30 位 -phile, -phila 愛する 7 語 (0.46 %)
31 位 -ee 6 語 (0.39 %)
32 位 -scope 見るもの 6 語 (0.39 %)
33 位 -phobia 恐怖症 6 語 (0.39 %)
34 位 -ine, -in 化学物質 5 語 (0.33 %)
35 位 -ory 場所 5 語 (0.33 %)
36 位 -ics 学問 4 語 (0.26 %)
37 位 -ify する 4 語 (0.26 %)
38 位 -pathy 感情 4 語 (0.26 %)
39 位 -cracy 統治 3 語 (0.20 %)
40 位 -graphy 書かれたもの 3 語 (0.20 %)
41 位 -ice, -se こと 3 語 (0.20 %)
42 位 -ium 物質 2 語 (0.13 %)
43 位 -osis 病気 2 語 (0.13 %)
1533 語 (100.00%)

補足

  • 「接尾辞」とは「英単語の最後に出てきやすい語源」です。接尾辞は -ence のように先頭にハイフンを付けて表現します。
  • 上位 3 位の接尾辞 -ion、-ate、-al が出てくる割合は 37.05% に及び、上位 10 位の接尾辞が出てくる割合は 70.58% に及び、上位 20 位の接尾辞が出てくる割合は 90.54% に及びます。
  • 出てくる英単語の総数 1533 語は、同じ英単語を重複して数え上げることがあります。1 つの英単語に複数の接尾辞が出てくることがあるためです。複数の接尾辞が出てくる英単語には scientist があります。接尾辞が -ence と -ist のように 2 つ出てきます。こういった場合は -ence と -ist でそれぞれ数え上げたあとに合算するため、出てくる英単語の総数は英単語を重複して数え上げることになります。
  • 対象とする英単語や語源、どの語源がどの英単語に所属するか、どの語源をひとまとめとするか等の要素によって、「よく出る順」は異なります。
  • アルファベット順の接尾辞一覧はこちらから見られます。
  • James Isaac Brown さんの 14 master words も面白いですよ。
どんどん話すための瞬間英作文
英文法を習得するカギのひとつは反復練習なのだと気づかされます。中学校で習う文章でも、いざ口に出してみると、意外とできないものです。